横浜文芸懇話会
 
 
 
第3回
横浜文学賞受賞者
講演会
 
 
 
 
 
第10回「横浜文学賞」の受賞者・江刺昭子さんを講師にお迎えし、
第3回「横浜文学賞受賞者講演会」が開催されました。
江刺さんはノンフィクション作家、女性史研究家。
1972年、原爆を被爆した大田洋子の評伝『草饐(くさずえ)』で
第12回田村俊子賞を受賞。
2004年、横浜文学賞を受賞なさっています。

 
 
会場の横浜市開港記念会館  生出恵哉会長の挨拶
(左)会場の横浜市開港記念会館
右奥の時計塔は「ジャックの塔」の愛称で親しまれています
(右)生出恵哉会長の挨拶
講演中の江刺昭子さん  講演中の江刺昭子さん
(左・右)講演中の江刺昭子さん
多くの方々にお集まりいただきました  
(左・右)多くの方々にお集まりいただきました
 
たいへんこまやかな資料をご用意くださり、
これまでのお仕事の概要やその方法などについてお話いただきました。
当日の横浜は雨がぱらつく初冬の寒さでしたが、
多くの方々にご参加いただき、会場はほぼ満席となりました。
また、児童文学作家で、
第15回「横浜文学賞」受賞者の岩崎京子さんも、ご参加くださいました。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
 
 
 
 
第3回「横浜文学賞受賞者講演会」概要
[講師]江刺昭子さん
[テーマ]ノンフィクションと女性史
[日時]2014年10月23日(木)14:00〜15:45
[場所]横浜市開港記念会館 2階9号室
横浜市中区本町1丁目6番地
JR根岸線・市営地下鉄線「関内駅」南口から徒歩10分
みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分
[主催]横浜文芸懇話会
[後援]神奈川新聞社
[定員]63名
 
 
2014/10/23掲載
 
 
 
HOME
 
 
主な事業のご紹介
横浜文学賞
横浜文学賞受賞者講演会
ワーグマン祭
弁玉祭
 
 
リンク集
 
 

ページトップ

Copyright © 横浜文芸懇話会 All Rights Reserved.