横浜文芸懇話会
 
 
 
第50回
弁玉祭
50回目の弁玉祭を
開催しました
 
 
 
 
 
“文明開化の歌人和尚を偲ぶ”

大熊弁玉の功績を顕彰する「弁玉祭」が今年も開催されました。

幕末・明治初期にかけて、
三宝寺(横浜市神奈川区台町)の住職であった歌人・大熊弁玉。
特に長歌に秀でた弁玉は、
ガス灯や鉄道、写真など、文明開化の風俗を長歌に詠み、
歌僧として後世に名を残すことになりました。
1966年(昭和41年)、
歌碑が高島山公園(神奈川区高島台町)に戻されたのを記念して、
第1回弁玉祭を開催し、以後、毎年開催しています。
 
※長歌=和歌の形式のひとつ。五七、五七、…、五七、七の形式で、五七を3回以上繰り返し、最後に七音を添えるもの。
 
大熊弁玉の歌碑(高島山公園)
弁玉歌碑(高島山公園)
(横浜市地域史跡:平成4年11月1日登録)
 
 
 
 
弁玉が住職を務めた三宝寺  弁玉のお墓(三宝寺)
(左)弁玉が住職を務めた三宝寺(右)弁玉のお墓(三宝寺)
生出恵哉さんによる講演  生出恵哉さんによる講演
(左・ 右)生出恵哉さんによる講演(三宝寺本堂)
 
 
第50回弁玉祭概要
[日時]2015年5月29日(金)15:00〜17:30

[場所]高島山公園および三宝寺

高島山公園(横浜市神奈川区高島台5-18)
三宝寺(横浜市神奈川区台町7-1)
[プログラム]
歌碑見学:高島山公園

[解説]塩野崎宏さん(横浜歌人会元代表委員)

墓参:三宝寺墓所
講演:三宝寺本堂
[講師]生出恵哉さん(横浜文芸懇話会会長)
[テーマ]新聞の誤報か弁玉さんの誤認か
[会費]500円
[主催]横浜文芸懇話会
 
2015/4/6掲載(2015/5/30更新)
 
 
 
HOME
 
 
主な事業のご紹介
横浜文学賞
横浜文学賞受賞者講演会
ワーグマン祭
弁玉祭
 
 
リンク集
 
 

ページトップ

Copyright © 横浜文芸懇話会 All Rights Reserved.