横浜文芸懇話会
 
 
 
第4回
横浜文学賞受賞者
講演会
 
 
 
 
 
横浜文芸懇話会恒例の
「横浜文学賞受賞者による講演会」が開催されました。
横浜文学賞は、横浜を中心とする神奈川県内で、
長年、文芸各分野で創作・研究・普及などの活動を続け、
その成果と功労が大きい人または団体を顕彰する賞。

今回は、郷土史の分野ではじめて横浜文学賞を受賞された
第20回受賞者の葛城峻さんを講師にお迎えしました。

葛城さんは、1930年、横浜市磯子区岡村町に生まれ、
神奈川県立第三中学校(現在の同横浜緑ヶ丘高等学校)、
都立高等学校(現在の首都大学東京) を経て、
東京大学文学部社会学科を卒業。
県内の企業の取締役・代表取締役を歴任。
磯子区内の歴史研究グループ18団体を集め、
「磯子区郷土研究ネットワーク」を組織、
また、「市民自治を考える磯子区民の会」
「磯子区の戦争体験を記録する会」「緑と歴史の散歩道」などの
代表を務めておられます。
 
 
[参考:著書の紹介記事]
 
 
講演中の葛城峻さん  講演中の葛城峻さん
ご参加いただいた方々  
講演中の葛城峻さんとご参加いただいた方々
 
 
 
 
[講師]葛城峻さん(郷土史家/第20回「横浜文学賞」受賞者)
[テーマ]境界を越えると何が見えるか?
−郷土史の髄から天井を覗く−
[日時]2015年10月16日(金)14:00〜15:30
[場所]横浜市開港記念会館 2階6号室
横浜市中区本町1丁目6番地
JR根岸線・市営地下鉄線「関内駅」南口から徒歩10分
みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分
[主催]横浜文芸懇話会
[後援]
神奈川新聞社、磯子区郷土研究ネットワーク、横浜ペンクラブ、横浜郷土研究会
 
2015/8/22掲載(2015/10/16更新)
 
 
 
HOME
 
 
主な事業のご紹介
横浜文学賞
横浜文学賞受賞者講演会
ワーグマン祭
弁玉祭
 
 
リンク集
 
 

ページトップ

Copyright © 横浜文芸懇話会 All Rights Reserved.