横浜文芸懇話会
 
 
 
2015年度
快楽忌
 
 
 
 
 
イギリス領オーストラリア生まれの、日本最初の青い目の芸人、
初代快楽亭ブラック(Henry James Black)。
明治の横浜を皮切りに日本の寄席で活躍し、
大正12年、64年の生涯を閉じ、
横浜外国人墓地に眠っています。
快楽忌は1985年から開催されていましたが、2007年に休止。
その後、没後90年にあわせて2013年に復活、
これを機に、再び毎年開催されるようになりました。
今回も多くの方々がご参加くださいました。
ありがとうございました。
 
 
 
 
お墓には黒ビールが供えられました  墓前に集まった参加者のみなさん
(左)お墓には黒ビールが供えられました
(右)墓前に集まった参加者のみなさん
快楽亭ブラックのお墓  ブラックの子孫にあたる須藤春子さんがお墓に黒ビールを
(左)快楽亭ブラックのお墓
(右)ブラックの養子の孫の妻・須藤春子さんがお墓に黒ビールを
偲ぶ会(山手十番館丘の上ビアガーデン)  偲ぶ会(山手十番館丘の上ビアガーデン)
(左・右)偲ぶ会(山手十番館丘の上ビアガーデン)
 
 
2015年度「快楽忌」概要
[日時]2015年9月19日(日)11:30〜14:30
[場所]横浜外国人墓地および山手十番館
(1)墓前祭(11:30〜12:00):横浜外国人墓地
(2)偲ぶ会(12:00〜14:30):山手十番館
[主催]快楽忌事務局
[後援]横浜文芸懇話会、横浜ペンクラブ、横浜郷土研究会
[協力]山手十番館、山手資料館
 
2015/9/22掲載
 
 
 
HOME
 
 
主な事業のご紹介
横浜文学賞
横浜文学賞受賞者講演会
ワーグマン祭
弁玉祭
 
 

ページトップ

Copyright © 横浜文芸懇話会 All Rights Reserved.