横浜文芸懇話会
 
 
 
第5回
横浜文学賞受賞者
講演会
 
 
 
 
 
横浜文芸懇話会恒例の
「横浜文学賞受賞者による講演会」が開催されました。
横浜文学賞は、横浜を中心とする神奈川県内で、
長年、文芸各分野で創作・研究・普及などの活動を続け、
その成果と功労が大きい人または団体を顕彰する賞。
今回は、第21回受賞者の山崎ひさをさんを講師にお迎えしました。
山崎さんは俳人。
1927年、東京都に生まれ、現在は横浜市港北区在住。
岸風三楼に師事し、富安風生に学び、俳誌「青山(せいざん)」を主宰。
俳人協会顧問、南日本新聞俳壇選者などを務めておられます。

 
 
 
 
[講師]山崎ひさをさん
[テーマ]自句を語る
[日時]2016年11月16日(水)14:30〜16:30(受付けは14:00より)
[場所]神奈川近代文学館 ホール
横浜市中区山手町110
[主催]横浜文芸懇話会
[後援]神奈川新聞社
[参加費]1000円(資料代)
[懇親会について]
講演会終了後、講師との懇親会を開きました。場所は、講演会会場の近くの「ティールーム 霧笛」(大佛次郎記念館に併設)。
 
2016/9/12掲載(2016/11/16更新)
 
 
 
HOME
 
 
主な事業のご紹介
横浜文学賞
横浜文学賞受賞者講演会
ワーグマン祭
弁玉祭
 
 

ページトップ

Copyright © 横浜文芸懇話会 All Rights Reserved.