横浜文芸懇話会 - 横浜の文学と歴史と文化と
 
 
 
主な事業のご紹介
 
 
横浜文芸懇話会(文懇)は、
横浜文学賞、ワーグマン祭(ポンチ・ハナ祭り)、弁玉祭などを主催し、
また、シドモア桜の会、快楽忌などを協賛し、
広く文学・歴史・文化芸術に関わる活動を展開しています。
 
 
横浜文学賞
横浜文学賞は、横浜を中心とする神奈川県内で、
長年、文芸各分野で創作・研究・普及などの活動を続け、
その成果と功労が大きい人または団体を顕彰する賞です。
2016年度の横浜文学賞については、
こちらをご覧ください。
2015年度の横浜文学賞については、
こちらをご覧ください。
2014年度の横浜文学賞については、
こちらをご覧ください。
 
これまでの横浜文学賞受賞者の方々
回数
受賞者
分野
第1回
1989年
岩藤雪夫 小説
第2回
1992年
松永浩介
第3回
1994年
神谷量平・梨地四郎 戯曲
第4回
1996年
志水剣人 川柳
第5回
1999年
紀田順一郎 小説・評論
第6回
2000年
赤塚行雄 評論
第7回
2001年
上坂高生 小説・児童文学
第8回
2002年
横浜の空襲を記録する会 記録文学
第9回
2003年
復本一郎 俳句
第10回
2004年
江刺昭子 女性史・評伝
第11回
2005年
長島三芳
第12回
2006年
鳥居 民 歴史・評論
第13回
2007年
平木國夫 ノンフィクション文学
第14回
2008年
高崎隆治 ジャーナリズム研究
第15回
2009年
岩崎京子 児童文学
第16回
2010年
今井清一 歴史研究
第17回
2011年
瀬々倉卓冶 川柳
第18回
2012年
平林敏彦
第19回
2013年
山本 進 芸能研究
2014年
葛城 峻 郷土史研究
2015年
山崎ひさを 俳句
2016年
大輪靖宏 俳句
 
 
横浜文学賞受賞者講演会
これまでの横浜文学賞受賞者を講師に迎え、
横浜文学賞受賞者講演会を開催しています。
2016年の横浜文学賞受賞者講演会については、
こちらをご覧ください。
2015年の横浜文学賞受賞者講演会については、
こちらをご覧ください。
2014年の横浜文学賞受賞者講演会については、
こちらをご覧ください。
 
これまでの横浜文学賞受賞者講演会
回数
開催日
講師
テーマ
第1回
2012/11/7
瀬々倉卓冶 俳風柳多留に見る庶民の暮らしと現代川柳
第2回
2013/9/15
復本一郎 芭蕉と恋句の世界
2014/10/23
江刺昭子 ノンフィクションと女性史
2015/10/16 葛城 峻 境界を越えると何が見えるか?−郷土史の髄から天井を覗く
2016/11/16
山崎ひさを 自句を語る
 
 
ワーグマン祭(ポンチ・ハナ祭り)
“ハマの春はポンチ・ハナ祭りから”
幕末期に記者としてイギリスから来日した
チャールズ・ワーグマン(Charles Wirgman)は、
日本のさまざまな事件や風俗を描き残すとともに、
ポンチ絵のもととなった日本最初の漫画雑誌「ジャパン・パンチ」を創刊。
1891年(明治24年)、58歳で亡くなり、
横浜外国人墓地(横浜市中区山手)に眠っています。
1958年(昭和33年)、開港100年祭に際し、各文化団体が協力し、
「ワーグマン追慕式」を盛大に執り行いました。
その後も、毎年命日の2月8日に合わせて、
ワーグマンの墓前にて
ワーグマン祭(ポンチ・ハナ祭り)を開催しています。
2016年のワーグマン祭(ポンチ・ハナ祭り)については、
こちらをご覧ください。
2015年のワーグマン祭(ポンチ・ハナ祭り)については、
こちらをご覧ください。
 
 
弁玉祭
“文明開化の歌人和尚を偲ぶ”
幕末・明治初期にかけて、
三宝寺(横浜市神奈川区台町)の住職であった歌人・大熊弁玉。
特に長歌に秀でた弁玉は、
ガス灯や鉄道、写真など、文明開化の風俗を長歌に詠み、
歌僧として後世に名を残すことになりました。
1966年(昭和41年)、
歌碑が高島山公園(神奈川区高島台町)に戻されたのを記念して、
第1回弁玉祭を開催し、
以後、命日の4月25日に合わせて、毎年開催しています。
また、第40回を迎えた2005年(平成17年)には
『蟹が行くヨコハマ−文明開化の歌人和尚・大熊弁玉』を刊行しました。
2015年の弁玉祭については、こちらをご覧ください。
 
 
その他
(シドモア桜の会、快楽忌など)
ポトマック河畔の桜並木(ワシントンD.C.)の生みの親である紀行作家、
エリザ・シドモア(Eliza Ruhamah Scidmore:1856年-1928年)を顕彰する
シドモア桜の会(4月)、
イギリス領オーストラリア生まれの、日本最初の青い目の芸人、
初代快楽亭ブラック(Henry James Black:1858年-1923年)を偲ぶ
快楽忌(9月)など、
横浜にゆかりの方々に関わる催し物を協賛しています。
2015年の「シドモア桜の会」友好の集いについては、
こちらをご覧ください。
2015年の「快楽忌」については、こちらをご覧ください。
2015年の特別企画
「映画鑑賞会 - あなたは黒川弥太郎を知っているか」については、
こちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
HOME
 
 
お知らせ
2016/10/22
第22回「横浜文学賞」が決定しました
第22回「横浜文学賞」は、上智大学名誉教授・大輪靖宏さんに決定しました。
 
 

ページトップ

Copyright © 横浜文芸懇話会 All Rights Reserved.