俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
松尾芭蕉作品をめぐって
 
 

 

  • 梅が香にのつと日の出る山路かな  松尾芭蕉
  • 六月や峰に雲置く嵐山
  • 菊の香や奈良には古き仏達
  • 此の秋は何で年よる雲に鳥
  • 秋深き隣は何をする人ぞ

 いつも利用する駅の近くの書店で『覚えておきたい芭蕉の名句200』(角川文庫、2019年)を見つけ、少しずつ読んでいます。これら5句は元禄7年(1694年)の作。つまり、これらが同時に最晩年の作品であることを、あらためて思います。
 横浜はしばらく初夏のような暖かさでしたが、きょうは雨が降ったりやんだり、気温もすこし下がって、それが理由でこうした作品がふっと入ってきたのかもしれません。

 
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳638:2021.4.5)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/