俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
筑紫磐井作品をめぐって
(句集『我が時代−2004〜2013−〈第1部・第2部〉』)
 
 

 

 筑紫磐井さんの句集『我が時代−2004〜2013−〈第1部・第2部〉』(実業広報社、2014年)を拝読しました。
 書名にあるように、一冊は2部で構成され、第1部は「私は何を考えたか」、第2部は「私は何をしたか」とタイトルが付けられています。第1部は主に俳句、第2部は散文、という説明は、あまり意味がないかもしれません。

  • 諳んじてかなしき春の名前かな  筑紫磐井
  • 二科展で薔薇を嗅ぐ
  •  スウェーデン賞受賞記念
    勇気なき僕らに似合ふ日本かな
  • うるふ日をなんにもしないことにする
  • 手を抜いて知る夏料理うまきこと
  • 飽きて来しアメリカ映画など見むか
  • 鳥の巣に虚子の卵を見つけたり
  • 春よ来いメール来ぬ日のうつうつと
  • 立秋や広くひらいたドアが好き
  • 風薫るあの日のままの西ドイツ

 10句ほど引きました。生真面目さ、といったらすこし違うかもしれませんが、作者=読者の時間を包むことばの穏やかさが、とても魅力的な作品と思います。「二科展で薔薇を嗅ぐ」。そして、この10音が俳句であることをうれしく思うのです。

 
筑紫磐井句集『我が時代−2004〜2013−〈第1部・第2部〉』(実業広報社) 筑紫磐井句集『我が時代−2004〜2013−〈第1部・第2部〉』(実業広報社)
 

*初出:<Made in Y>(雑記帳499:2014.6.25)

 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/