俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
田中裕明作品をめぐって(句集『花間一壷』)
 
 

 

  • 杣人の長身たわむ露の月  田中裕明
  • 春立つやただ一枚のゴッホの絵
  • 夕東風につれだちてくる仏師達
  • 鉋抱く村の童やさくらちる
  • 病ひぬけして春蝉にむかひけり
  • 蝉とぶを見てむらさきを思ふかな
  • 待春のほとりに木々をあつめたる
  • あゆみきし涅槃の雪のくらさかな
  • 冬山に土龍の齢たづねけり
  • 麦を刈るほとりに坐り伊勢の山
  • 夏木立ましらのごとくひた濡れて
  • 青芒月光村をひろくせり
  • 耳底とおもふあたりの土用波
  • 花茣蓙にひとのはかなくなりにけり
  • 覚めてすぐ近き水音をとこへし
  • とむらひの夏木の如く人の立つ
  • 田を植ゑて河童の顔やわらひをる
  • 暑き日の婚儀はじまるつばくらめ
  • 行春のはばたきふかき空にあり
  • 麦秋と思ふ食堂車にひとり

 田中裕明さんの句集『花間一壷』(牧羊社、1985年[セレクション俳人『田中裕明集』(邑書林、2003年)に収録])を読み返しながら、たとえばこうした作品にあらためてそのよさを確認しました(書名も含め原作は正字)。平凡な言い方になりますが、昨年末の死去はやはり早過ぎたと思います。
 5句目の春蝉とのゆったりとした関係。8句目のたっぷりとした時間と空間。9句目のユーモア。11句目の比喩の確かさ。14句目の様態のみを描くことによるやわらかさ。19句目の視覚には頼らないイメージの深さ。……などなど。
 「俳句って、いいなあ」と思わせてくれる作品群です。余裕ということかもしれません。この余裕が、読者を強く引きつけるのだと思います。
 蛇足ですが、この一冊が著者26歳のときのものだということに驚かされます。

 
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳147:2005.6.30)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/