俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
山本一歩作品をめぐって
(句集『谺』、「谺」2011年8月号)
 
 
■2 (句集『谺』)

 

  • 当たり前のやうに茶の花日和かな  山本一歩

 山本一歩さんの句集『谺』(本阿弥書店、2017年)の冬の章の最初の作品です。この句集は著者5冊目のそれですが、「初めての四季別の句集」(「あとがき」)とのこと。

  • 木枯の郵便受けに溜まりゐる
  • 材木は立てて商ふしぐれかな
  • 話またけふの寒さに戻りたる

 そして、こうした作品が続きます。もうすぐ立冬。冬は苦手な季節ですが、こうした作品を拝見すると、なんだかほっとします。

 

句集『谺』(本阿弥書店)

句集『谺』(本阿弥書店)
 
 
■1 (「谺」2011年8月号)

 

  • 梅雨深し深し床屋の鏡かな  山本一歩

 俳誌「谺」8月号の山本一歩さんの作品「初蝉」15句のなかの一句です。
 床屋の鏡はとても不思議で、私は近視なのでそこに映っているもの/ことはほとんど見えないのですが、しかしなにかが確かに映っていて、間違いなく自分がいるはずなのですが、なんだかとても怖いのです。変化していくからかもしれません。そしてそれは、梅雨の季節にもっとも強度を高める、そんな気もします。 この一句は、鏡があることだけを述べ、そこへ向かう道筋を示しています。つまり、典型ということなのだと思います。

 
俳誌「谺」2011年8月号 俳誌「谺」2011年8月号
 
*初出:<Made in Y>(1=雑記帳386:2011.8.8 2=雑記帳582:2017.11.5)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
 
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/