俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
倉田紘文作品をめぐって
(句集『帰郷』)
 
 

 

  • 手を上げて人なつかしき春の風 倉田紘文
  • 惜春の肩を並べて歩きけり
  • 美しき高さを流れ竹落葉
  • 遅れぐせつきたるまゝに滴れる
  • 日盛りのなにもなかりし深空かな
  • 再会の月日涼しく流れゐし
  • どこからも遠くが見えて冬田かな
  • 寒の中へとつかつかと歩み入る
  • 蕗の葉のまはりはみんな蕗ばかり
  • 虫はたと止み闇はたとふさがりぬ
  • 苗床の中にも吹いて春の風
  • やはらかに畦のふくるゝ春田かな
  • 花の中よりゆさ――と花の枝 (――は踊り字(くの字点))
  • かな――と鳴きかな――と鳴き通す
  • 隣りあふ冬田の同じ広さかな
  • 落葉して幹のまはりのただ広し
  • 一通の手紙即ち春隣り
  • 蕗の葉に真昼の重さありにけり
  • 立話して門前の薄暑かな
  • 貝割菜集まつて雨待つてゐる

 倉田紘文さんの句集『帰郷』(牧羊社、1993年)を久しぶりに拝読しました。倉田さんが亡くなられて5年が経ちました。大分と横浜は遠く、お会いする機会はありませんでしたが、1991年に拙著『空間和音』をお送りしてから、お手紙などをやりとりする関係をちょうだいしました。
 倉田さんは高野素十のお弟子さん。19歳で入門し、32歳のとき、素十の勧めにより「蕗」を創刊、主宰。素十の「方丈の大庇より春の蝶」「づかづかと来て踊子にささやける」「ひつぱれる糸まつすぐや甲虫」といった作品を思い出すと、確かに素十を正当に引き継ぐ作家なのだと思います。加えて、さわやかな抒情性が倉田さんのものなのだと思います。

 

倉田紘文句集『帰郷』(牧羊社)

倉田紘文句集『帰郷』(牧羊社)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳606:2019.8.6)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/