俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
長谷川櫂句集『虚空』をめぐって
 
 

 

  • 村ぢゆうの畦あらはるる雪解かな
  • 合戦の跡を寺とし春田かな
  • 妻入れて春の炬燵となりにけり
  •  先生亡き後、寂々と世を渡るに
    高きよりこの世へ影し今年竹
  • 地下鉄は街の腸秋暑し
  • 道元のつむりに似たる梨一つ
  • その花の俤はあり柿の蔕
  • 電球のまはり明るし秋の暮
  • 着膨れて海豹の貌してゐたる
  • 外套に荒ぶる魂を包みゆく
  • 町ひとつ打ち捨ててある枯野かな
  • ふるさとに似たる在所や柿の花
  • ひやひやと日のさす秋の昼寝かな
  • 箸つかふ月の光を浴びながら
  • 家にゐて旅のごとしや秋の暮
  • 秋の夜や煌と明るき通過駅
  • 鎌倉の町を埋める落葉かな
  • 風花とおもふ間もなく止みにけり
  • 金屏や寒風描きあるごとく
  • きらきらと氷つてゐたり雪兎

 長谷川櫂さんの句集『虚空』(花神社、2002年)を読み返しながら、たとえばこうした20句を引きました。
 厚みということを思います。なんでもなくつくっているようで、けっしてそうではなく、かといって技術を屈指しているわけでもない、そんなありよう。それは、空間/時間の豊かさ。あるいは、自らの身体を空間的/時間的に豊かに広げている、ということかもしれません。
 「村ぢゆうの畦あらはるる雪解かな」。まず気づくのはリズムの重層性。五七五と七五五の2つのリズムが一句のなかにあり、しかしそれは五二五五というリズムによって架橋されていて、この架橋がやわらかさを生み出しています。畦。村にはたくさんの畦があり、それらがみな現れるのだという。複数のことがら─それぞれの畦が現れるという現象─が、ひとつのことがら─村中の畦が現れるという現象─に統合される美しさ。それは、見ているが見ていないこと。つまりそれは、心のなかに現れるので、より一層美しいのだと思います。この美しさとは、生の喜び、あるいは祝い。そしてこれは、一冊を貫く主題でもあるのだと思います。
 4句目の先生は飴山實さん。句集では、この句の前に、「飴山先生、ニュージーランドを旅されし折、とある町の川辺にて定家葛の花を見つけられたり。居合はせし人々、「かかるところにて定家葛とは先生の修羅垣間見し心地せり」と語り合ひけり。この話、心に残りて」の詞書のある「虚空より定家葛の花かをる」が置かれています。あとがきには、「天体もまた生命も虚空に遊ぶ塵に等しい」とあります。

 
長谷川櫂句集『虚空』(花神社) 長谷川櫂句集『虚空』(花神社)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳409:2012.4.22)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/