俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
花谷清句集『球殻』をめぐって
 
 

 

  • 午睡覚め等身大にもどりけり  花谷 清
  • 小六月前から入る文科省
  • 茅の輪とは金属探知機のごとし
  • うら表なし生きている秋刀魚には
  • 雪だるま類型超えること難し

 ユーモアというとすこし本質からずれてしまうかもしれませんが、こうした作品は、花谷清さんの句集『球殻』(ふらんす堂、2018年)の魅力のひとつだと思います。たとえば、「午睡覚め等身大にもどりけり」。確かに実感しますし、等身大ということばがとても豊かに膨らむ感じです。ユーモアとは、膨らむこと。

  • 永遠の滴り一瞬の地球
  • 溶岩流の痕や山芋太る村
  • 眼が合えば眼から寄りくる春の鹿
  • ビー玉の影は黄みどり鳥雲に
  • 舟遊び互い違いに足のばし
  • アスピリン二錠目西日濃き個室
  • 立ち尽くすぼくら疾走する蟻ら
  • ナガサキの日や坂下り坂のぼり
  • 肩幅に開く父の日の朝刊
  • 目の遣り場なし連翹に真向かいて

 さらに10句ほど引きました。「永遠の滴り一瞬の地球」「溶岩流の痕や山芋太る村」。構成の大きさ。「眼が合えば眼から寄りくる春の鹿」「目の遣り場なし連翹に真向かいて」。対象への健やかな視線。「アスピリン二錠目西日濃き個室」「立ち尽くすぼくら疾走する蟻ら」。自己への問いかけ。
 花谷さんの作品には明解なコンセプトがあります。そのコンセプトが読者を掴みに来る。そこにある種の怖さ/強さがあるのではないか、と思うのです。

 
花谷清句集『球殻』(ふらんす堂) 花谷清句集『球殻』(ふらんす堂)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳595:2018.7.21)

 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/