俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
仲寒蝉作品をめぐって
 
 

■2 (「里」2013年1月号)

 

  • 裸木に触れしその手をそつと嗅ぐ  仲 寒蝉
  • コピー機の紙のぬくもり年惜しむ
  • 葛湯に匙停泊中の船のごと

 俳句同人誌「里」2013年1月号の仲寒蝉さん(註:正字)の作品7句から引きました。ああ、俳句はこうした感覚を詠めるのだ、という、やすらかな思いに包まれます。それは知っていたはずなのだけれど、ふと、あらためて気づいた、気づいたことがうれしい、そんなささやかなことです。
 小さく小さく、しかし豊かに豊かに。俳句はそんな詩型なのだと思います。

 

「里」2013年1月号

「里」2013年1月号
 
 

■2 (「里」2008年6月号)

 

  • 行く春とすれ違ひたるエアメール  仲 寒蝉
  • 月載せて鞦韆動き初めにけり
  •  火山俳吟行
    蛙池鳴きやむ時もいつせいに

 結社誌や同人誌を読む大きな楽しみは、まだ必ずしも評価の定かではない作品と出会うことができることだと思います。句集に収められた作品は、一般に雑誌に発表され、他者や自己の評価を経たもの。場合によってはさらに推敲され、一連も再構成されることが多いと思います。それに対して、結社誌や同人誌に掲載される作品は問題や課題を抱えていることも少なくありませんが、生まれたばかりのそのありようは自ずと勢いや力をもっており、句集とは別の楽しみを読者に与えてくれます。
 「里」2008年6月号の仲寒蝉(註:正字)さんの作品から3句ほど引きました。動き、それが確かに時間を掴んでいます。それがこれらの作品の勢いや力になっているのだと思います。

 

「里」2008年6月号

「里」2008年6月号
 
*初出:<Made in Y
(1=雑記帳267:2008.6.16 2=雑記帳432:2013.1.26)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/