俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
黒田杏子著『俳句の玉手箱』をめぐって
 
 

 

 黒田杏子さんの『俳句の玉手箱』(飯塚書店、2008年)を少しずつ読み進めています。「手書きの箱」「もんぺの箱」「古寺巡礼の箱」「読書の箱」「思い出の箱」「鎮魂の箱」の6章から成る一冊です。
 「手書きの箱」は、池内紀さんとの対談。手書き派のおふたりが、手書きの効用、といってしまうとつまらないのですが、それぞれの経験に基づく手書きのすばらしさをお話されています。また、「もんぺの箱」は、「ラジオ深夜便 こころの時代」でお話された内容。「もんぺにもらった出会い」をテーマに、お話をなさっています。
 ひとつのテーマを丹念に語っていく。テーマを、というより、テーマのめぐりを、ということかもしれません。いずれにしろ、けっして体系的ではなく、だからこそ語ることができることを語る。そんな語りが、静かに読者に届いてきます。
 まだ、1/3程度しか拝読していませんが、とりあえず簡単な感想を記しておきたいと思います。
 

黒田杏子『俳句の玉手箱』(飯塚書店)

黒田杏子著『俳句の玉手箱』(飯塚書店)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳288:2008.11.3)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/