俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
山田みづえ作品をめぐって(句集『中今』)
 
 

 

 山田みづえさんの句集『中今』(角川書店、2005年)を読み直しながら、そのことばの自在さにあらためて惹かれました。

  • 初旅をすぐに決めたる帽子かな  山田みづえ
  • 吉書して何か忘るる正座かな
  • 春疾風吹つ飛んで来る一老女
  • 退屈はここで打ちきり蟇
  • 野火みえて大和の国へ入りゆきぬ
  • 朝夕を花にしたがひ過しけり
  • はたた神しやにむに渡る町の上
  • 兜煮の鯛に睨まれ涼しかり
  • 月の座をぬけ出て月と歩みけり
  • ねむり茸けむり茸みな足蹴にす
  • 波郷忌にはじまる冬を肯へり
  • 月山のふところ深き梟か
  • 雪来ると里山なべて固唾のむ
  • 楪の中今といふ念ひかな
  • 早起きに花の匂ひの寺巨き
  • 闇ゆるぶほんの少しの豆撒けば
  • 初午の俄か神主来てをりぬ
  •  大和郡山
    金魚田に水おとなしき五月かな
  • 遠山のすでに調ふ風鶴忌
  • 仰ぎては人に告げたき榛の花

 「初旅をすぐに決めたる帽子かな」「吉書して何か忘るる正座かな」「春疾風吹つ飛んで来る一老女」。読みはじめてすぐにこうした作品に出会うのですが、ユーモアを交えながらも端正な姿は、とても大きな魅力です。(一冊の冒頭でこうした作品に出会うとうきうきします。)
 作品の端正な姿は一冊を通して指摘できることです。自在であり端正、端正であり自在。安易な言い方になりますが、それは俳句という詩型との長い、そして確かな関係が生み出したものでしょう。たとえば、「金魚田に水おとなしき五月かな」における「に」の繊細な斡旋。「の」とした場合との違いを考えると、この「に」の意味の大きさに驚きます。こうした助詞の斡旋の力が、それを物語っていると思います。

 

山田みづえ句集『中今』(角川書店)

山田みづえ句集『中今』(角川書店)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳164:2006.1.15)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/