俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
矢島渚男作品をめぐって(句集『百済野』)
 
 

 

  • 婚囃すなんぢやもんぢやの花咲いて  矢島渚男
  • 行く春について行きたる子もありし
  • 村静か鯛釣草は大漁で
  • 番鷹旋回林檎受粉中
  • 万緑の切れ込み深し空知川

 矢島渚男さんの句集『百済野』(ふらんす堂、2007年)はこうした作品からはじまります。リズムの軽快さに、ぐっと引き込まれます。

  •  樺戸
    監獄の跡緑樹生え墓が生え
  • 川のもの食べ涼しさを見てゐたり
  • 夕立後の茹で上りたる如き街
  • 梨むくや海の溢れること思ひ
  • 颱風の掃いてゆきたる空深し
  •  妙ノ浦
    深海へかへる真鯛や冬の暮
  • 正直に腹減つてくる梅の花
  • 山彦のまだ覚めぬ山つばくらめ
  • 赤子にもむつかしき顔春の雪
  • みんなから一人にもどる春の山
  • 歩きつつ眼鏡を拭ふ春の岸
  • 満開の桜の苗木畑かな
  •  霧ヶ峰山焼
    残雪を焦がして炎止まれり
  • 山上に遠き沖あり黐(もち)の花
  •  明恵とゴッホと
    耳切りし男が二人麦の秋
  • 盆の家青大将を横たへて

 リズムの軽快さは、一冊を通してのもの。この軽快さは風景の切り取り方のそれでもあり、しかしそれぞれの句は、確かな核をもっています。「川のもの食べ涼しさを見てゐたり」に見られる対象への敬意のありよう、「夕立後の茹で上りたる如き街」に見られる比喩の確かさ、「正直に腹減つてくる梅の花」に見られるリアリティの提出のしかたなど、魅力の多い一冊です。軽快さと一句の核の確かさ。その按配が、読者に信頼と心地よさを届けます。

 

矢島渚男句集『百済野』(ふらんす堂)

矢島渚男句集『百済野』(ふらんす堂)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳240:2007.12.20)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/