俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
復本鬼ヶ城作品・橋本直作品をめぐって
(俳誌「鬼」第33号)
 
 

 

  • ピロリ菌検査の帰途の柿若葉  復本鬼ヶ城
  • 鶏頭花雨音遅れやつてくる  橋本 直

 「鬼」第33号(2015年1月)の、復本鬼ヶ城さんの「七十歳のエチュード」7句、橋本直さんの「水の行方」7句から引きました。
 おふたりの作品を拝読し、これら2句が響き合っているように感じたのです。いずれも、日常のなんでもないようなことを、なんでもないように切り取っています。復本さんの一連は「子規喀血私吐血五月闇」ではじまっていますし、橋本さんは、作品と同じページに置かれたエッセイ「アミニズム」に「同じものを見ているのに見え方がまったく異なるという経験を我々は知っているが、心が清らかな者にだけ見える妖精などというような物語は、わかりやすいが、たぶん間違っている」と記しておられますし、その日常の凹凸はのんきなものではないでしょう。
 柿の若葉も鶏頭の花も、美しく季節に色を与えます。それらは「柿若葉」「鶏頭花」という季語になって、一句をすっくりと立たせます。その立たせ方の作法が、おそらく親しく響き合っているのだと思います。
 「鬼」は、実験的俳句集団「鬼の会」の、年2回刊行の機関誌。佇まいの美しい雑誌です。

 

俳誌「鬼」第33号

「鬼」第33号(2015年1月)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳516:2015.1.4)

 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
 
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/