俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
森泉理文作品をめぐって
(句集『春風』)
 
 

 

 森泉理文さんの句集『春風』(邑書林、2014年)を拝読しました。

  • ドライアイス抱へる父にワンカップ  森泉理文
  • 夫の顔に強き皺あり撫でてをり
  • 箱買ひの海老煎餅の軽さかな

 一冊は5つの章から構成されており、最初の章は「無季の章」。たとえば、こんな句が置かれています。ほかの章は、「夏の章」「秋の章」「冬の章」「春の章」。これらの句が、ほかの章に収められていても、おそらく違和感はないでしょう。

  • 黄花石楠花天上の花と思ふ
  • だんだんに真顔となつて山車担ぐ
  • 谷底を隠し切つたる椎青葉
  • ペットボトル三本抱へ大暑かな
  • 大根の双葉の列や雨の中
  • 開戦日このあんぱんは塩辛い
  • 冬麗の滑り台より足六つ
  • たこ焼きのそこそこの味桜蕊
  • 春光の畑に回す洗濯機
  • 目標を立ててみてゐる田螺かな

 4つの章に置かれた句を10句ほど引きました。いろいろな句があるな、というのが印象です。「黄花石楠花天上の花と思ふ」と「ドライアイス抱へる父にワンカップ」との距離を思ったりもします。しかし、「谷底を隠し切つたる椎青葉」といった一句があることが、森泉さんの確かさなのだと思います。
 「春風」。そして、この語感が彼女のものなのだと思います。

 
森泉理文句集『春風』(邑書林) 森泉理文句集『春風』(邑書林)
 

*初出:<Made in Y>(雑記帳512:2014.11.25)

 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/