俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
川名将義作品をめぐって(句集『海嶺』)
 
 

 

 川名将義さんの句集『海嶺』(ふらんす堂、2013年)を拝読しました。『湾岸』(ふらんす堂、2008年)に続く、著者2冊目の句集です。

  • 地も草も脈打つてゐる夏野かな  川名将義
  • ひやかして雨の過ぎたる夜店かな
  • 十月の手が実りたるものを摘む
  • 夕焼を整へてゐるレストラン
  • 夏草を抜き夏草をまた殖やす
  • 晩年へ西瓜の種を飛ばしけり
  • 枇杷の花使はぬ部屋へ日の廻る
  • プールとふさびしき水の箱を出る
  • 空港の天ひろびろと師走かな
  • 走り根の走りつづける十二月

 静かな作品です。日々の生活のなかにある微かな痛みが、それを前面に出さないかたちで詠まれている、そんな作品たち。季節が、やわらかにそれを包んでいます。

  • 蟻の列実物大を運び入る
  • 足袋履いてふだんの足でなくなりぬ
  • 風船の天に召されてしまひけり

 すこし理に傾いた作品と思いますが、しかし確かにリアリティを掴んでいます。「蟻の列実物大を運び入る」。「実物大」ということばの力を思います。

 
川名将義句集『海嶺』(ふらんす堂) 川名将義句集『海嶺』(ふらんす堂)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳453:2013.8.21)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/