俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
松平修文作品をめぐって
(句集『沼の絵』)
 
 

 

 松平修文さんの句集『沼の絵』(著者発行、2010年)を拝読しました。

  • 湖に沈むトラック夏終る  松平修文
  • くらやみの奥に橋あり牡丹雪
  • 始発列車いま動き出す月見草
  • 沼の絵は仕上がらず夏休み終はる
  • 石塊(いしころ)を食ふ馬を連れ銀行へ
  • 電柱に少女ぶつかる秋の風
  • 林のごとくジラフの群も昏れてゆき
  • 水薬がぶがぶ飲んで夏終はる
  • 泥乾く手で夕月をひつぱたく
  • 桔梗さんと呼ばれ診察室へ

 「回想−後記に代えて」によれば、「小学二年のとき詩と俳句を始めた」とのこと。また、「大学に入るため上京した折にチッキで送った七つの柳行李のうち、六つは詩稿で、残りの一つが、小説めいたものと嘘八百の怪奇日記、そして句稿を詰め込んだものであった。それらは上京後一度も開けてみることの無いまま、四十六年の歳月が流れた」と記されています。そして、「恐る恐るそれらの行李を開けるとノートの大半が虫に食われ灰色の粉末に変貌していたので、私は驚愕した」と。「この句集は、虫が食い残したもののうち、俳句だけを抜きだしたもので、判読できた二百二十七句の全てを収録した」とのこと、つまり12歳(昭和33年)から19歳(昭和40年)の作品を収めていますが、一冊の成立の経緯に、何度も驚かされます。「えっ!」の連続です。
 現在は「絵かき兼美術批評家兼歌詠み」(同前)の松平さんですが、その本質は確かにこの句集のなかにあるようです。

 

松平修文句集『沼の絵』

松平修文句集『沼の絵』
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳378:2011.5.15)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/