俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
小林苑を作品をめぐって
(句集『点る』)
 
 

 

 小林苑をさんの句集『点る』(ふらんす堂、2010年)を拝読しました。

  • 赤茄子をがぶりと休暇始まりぬ  小林苑を
  • 鼠花火みたいですねと褒められる
  • 自転車に乗つて巣箱がやつて来る
  • 代返のてふてふとなる真昼かな
  • 地下街の四方に溢れ春の水
  • お隣の露西亜人からさくらんぼ
  • 回覧板蜜柑の匂ひして届く
  • のびのびとはみ出してゐる秋刀魚かな
  • 牡丹の冬の全裸としてひらく
  • 靴下の色がちぐはぐ春動く

 たとえば、こんな10句を引いてみます。私たちの日常は、実はとても元気なのだと思います。日常が元気、という言い方は変かもしれませんが、そんな感覚になるのです。いずれの作品もきらきらしています。

  • すかんぽやこの家は傾いてゐる
  • 目をつむる遊びに桜蘂降れり
  • 秋光の麒麟となりて歩みをり
  • トラックの積荷に回る風車
  • 父の忌の沖におほきな鯨来る

 さらに5句ほど引きました。静かな作品です。この静かさは、大きさ、あるいは深さに由来しているのだと思います。

 

小林苑を句集『点る』(ふらんす堂)

小林苑を句集『点る』(ふらんす堂)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳345:2010.7.19)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/