俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
森澄雄作品をめぐって
 
 
■2 (句集『花眼』)
 

 この10月、古書店で『現代俳句の世界15 森澄雄 飯田龍太集』(朝日文庫、1984年)を購入しました。このシリーズは、私が俳句をはじめたころ刊行されたもので、まだまだ俳句がよくわかっていなかった私は、『石田波郷集』のほか何冊かを購入したに過ぎませんでした。その後、このシリーズの素晴らしさがわかったころには、新刊書店の棚では見つけることができなくなっていました。そして、こうしてときたま古書店で見つけては、すこしずつわが家の本棚に並べているのです。

  • 熟睡して子の白息も年を越す  森 澄雄
  • 冬たかき麒麟見てきぬ安睡しぬ
  • 早稲は黄に晩稲は青し能登に入る
  • 立葵昏るるまぎはの綿菓子屋
  • 一つづつ食めば年逝くピーナッツ
  • 見て過ぐる鶏ばかり冬の村
  • 金雀枝やどの家も枷あるごとし
  • をみならにいまの時過ぐ盆踊
  • 豊年や夕焼真赤な馬の面
  • 苺紅しめとりて時過ぎいまも過ぐ
  • 掛稲のひとねむりして夕日さす
  • 紙漉の梅の日向は猫歩く
  • 頬杖に雨音ばかり春隣
  • 花菜より汽車の貌くる陽炎と
  • 明るくてまだ冷たくて流し雛
  • 雪国や炭赤くして菓子を食ふ
  • 遠目にも男の彼方蘇枋咲く
  • 青天の辛夷や墓のにほひする
  • もの言うて歯が美しや桃の花
  • 遠くゐて連翹の黄と思ひをり

 森澄雄集は、『雪櫟』から『空艪』まで6冊の句集の抄出作品が収められています。もっとも惹かれたのは『花眼』(牧羊社、1969年)で、年末、あらためて読み直してみました。『花眼』は著者50歳のときの句集。現在の私の年齢と同じ、というのは偶然でしょうが、やはりなにかあるのかもしれません。
 20句ほど引きました。「一つづつ食めば年逝くピーナッツ」「見て過ぐる鶏ばかり冬の村」「青天の辛夷や墓のにほひする」。たとえば、これらに見られる静かさ。「をみならにいまの時過ぐ盆踊」「花菜より汽車の貌くる陽炎と」「明るくてまだ冷たくて流し雛」。また、これらの作品にはダイナミックさを感じます。ダイナミックさというと、すこし違う気もするのですが、なぜかそうも思うのです。
 「もの言うて歯が美しや桃の花」。私は桃の花が好きということもありますが(ベランダで鉢植えの桃を育てています。毎年2、3個の実も楽しんでいます)、この単純化された構図に惹かれます。

 
 
 
■1 (句集『鯉素』)

 

  • 糀屋が春の雪嶺を見てゐたり  森 澄雄
  • 谷空を風のはたはた辛夷の芽
  • 蕗味噌や音に近づく山の雨
  • 鳰の海紅梅の咲く渚より
  • ぼうたんの百のゆるるは湯のやうに

 森澄雄さんの句集『鯉素』(永田書房、1977年)[写真はウエップ俳句新書版(2003年)]を読み返しました。惹かれた作品が多くありました。はじめて拝読したのは、ウエップ俳句新書版が刊行された2003年だったと思いますが、そのときは、さあっと流れてしまった記憶があります。有名な「西国の畦曼珠沙華曼珠沙華」を収めた一冊という印象が、一句一句に対する印象を弱めたのかもしれません。そうであれば、恥ずかしいことです。

  • 寺置いて湖国色づく唐辛子
  • 春の旅くれなゐの陽を沈めたる
  • 昼寝して顔のかなしき青瓢
  • 空き腹にこたへはじめぬ法師蝉
  • 山中の雨やきらきら若牛蒡
  • 雪吊や椿百花をこぼさずに
  • 紙干して紅梅いよよくれなゐに
  • 白木蓮(はくれん)を見てゐる旅の二階より
  • 一村の家がよく見え李咲く
  • 立冬や闇に実のある梅疑
  • ただありて泰山木の冬日和
  • 雪雲の暮るる間(あはひ)の小豆色
  • 年過ぎてこゑ残りたるかいつむり
  • 壮年(をさかり)の昼寝ぐせつく桃の花
  • 夕立の山亘りをり青山椒

 「『浮鴎』につづいて、本集も淡海をはじめ多く旅に作を得た」と「あとがき」にあるように、旅の作品が多く収められています。それらはとても穏やかで、旅が日常と確かに繋がっています。旅は非日常であることは間違いありませんが、それが日常と繋がっている。そのありようがこの一冊の大きな魅力なのだと思います。「白木蓮(はくれん)を見てゐる旅の二階より」。この「二階」は、おそらく宿の二階でしょう。しかし、「二階」とだけ提示することによって、「旅」ということばを置きながらも日常に繋がっていく。なんでもないようでいて、巧みな表現です。
 1973年から4年間の、つまり著者50代半ばの一冊です。

 

森澄雄句集『鯉素』(ウエップ俳句新書版)

森澄雄句集『鯉素』(ウエップ俳句新書版)
 
*初出:<Made in Y
(1=雑記帳307:2009.3.28 2=雑記帳399:2011.12.31)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/