俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
西川徹郎作品をめぐって(句集『幻想詩篇 天使の悪夢九千句』)
 
 

 

 西川徹郎さんの句集『幻想詩篇 天使の悪夢九千句』(発行:西川徹郎文學館、発売:茜屋書店、2013年)が目の前にあります。806ページの大著です。ほんとうに9000句もあるのか、と失礼なことを思うのですが、帯に「書き下ろし9000句」とありますし、1ページ13句組みですから、間違いないのだと思います。ただただ驚きです。
 今年(2013年)は砂子屋書房のサイトの「一首鑑賞*日々のクオリア」の連載に追われ、いろいろなことにまったく余裕がありませんでしたが、この一冊を手にし、気合いを入れ直さないといけないと、大いに反省しました。

  • 蜘蛛の巣の破れて弱し風の音  西川徹郎
  • 手のひらは空角のない一円玉
  • 祖父の白い手木枯来たら鉄となる
  • 鷹の智慧が欲しくて鷹棲む森へ入る
  • 軒先に猛禽が棲む冬の街

 最初の3ページから、惹かれた作品を5句だけ引きました。

 
西川徹郎句集『幻想詩篇 天使の悪夢九千句』(西川徹郎文學館) 西川徹郎句集『幻想詩篇 天使の悪夢九千句』(発行:西川徹郎文學館、発売:茜屋書店)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳444:2013.7.28)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/