俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
鈴木太郎作品をめぐって(句集『秋顆』)
 
 

 

 鈴木太郎さんの句集『秋顆』(2007年、角川書店)を拝読しました。

  • 花筏みえぬ観音のせてゆく  鈴木太郎
  • 黒揚羽山押しもどす山のあり
  • 体内にバリウム少し桃冷す
  • 鯨鍋根岸は黒き街のなか
  • 一握の落花湯船に放ちけり
  • 闇を見るための両眼春の山
  • 父のゐる遠くが見えて豆の飯
  • 洗ひたるごとき影きて黒揚羽
  • 鯛提げてゆく大雪の三鷹駅
  • 秋風のうすきところに谷中かな
  • 遅るるは羽子板市に寄りし顔
  • ひとごこちゆつくりきたり冷し酒
  • 眠たさは身から湧くもの唐辛子
  • 白桃の座りをほめて食べにけり
  • 山茱萸や谷を占めゆく日のひかり
  • 教会の前のふらここひとつ空く
  • 隆々と馬の尻立つ今朝の秋
  • 鳩を抱く少年に野火逞しき
  • 上げ潮が町の香となる雛祭
  • 曇天に油のやうな大花火

 惹かれた作品を20句ほど引きました。『秋顆』は、昭和63年から平成17年の作品を収めた一冊。つまり、20年近くの作品を収めているのですが、通読してまず感じたのは、一冊を通してぶれがない、ということでした。骨格の確かさとやわらかな手触り。この一冊の魅力をひとことでいうとこんな言い方ができると思いますが、それが一冊を貫いている。だからぶれないのだと思います。
 たとえば、3句目。ことがらの面白さはもちろんですが、「体内にバリウム少し」+「桃冷す」が、つまり副詞(少し)+動詞(冷す)で組み立てられている。なんでもないことのようですが、これが微妙なやわらかさを形づくりながら、かつ内容を深いものにしています。
 「句集名は、約二十年間という時間の小さな一房の意味で「秋顆」とした」と「あとがき」に記しておられます。しかし、立秋を過ぎたとはいえ暑い日が続くいま、秋顆というなにげない、しかし美しい名前の句集を拝読できたことは、とてもうれしいことでした。

 

鈴木太郎句集『秋顆』(角川書店)

鈴木太郎句集『秋顆』(角川書店)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳227:2007.8.11)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/