俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
皆吉司作品をめぐって
(句集『揺れる家の構図』)
 
 

 

 皆吉司さんの句集『揺れる家の構図』(ふらんす堂、2013年)を拝読しながら、軽やかな俳句のよさを思いました。

  • 一月のコップが一つ木の卓に  皆吉 司
  • 雪晴の自転車でゆくわが駅へ
  • 猫二匹向きあふ春の朝の家
  • 夏の夜のテレビでパリの家を見る
  • マーガリン皿の辺にあり秋の雲

 たとえば、最初の20ページほどに置かれた作品から拾った5句。日常のなんでもない光景が、すっきりと詠まれています。

  • 待春のコップの中に夕方来る
  • 鰐眠る如くに父の眠る冬
  • 自転車で男来る家炎天下
  • 珈琲のどろんとしたる冬日和
  • うなぎ屋を男出てくる春寒し
  • 一周忌寺にひまはり活けてあり
  • かたつむりのやうなビル冬の夜の新宿に
  • 電球の球買つて来る桜かな
  • 蓋をする瓶美しき夏の風
  • 炎天のうなぎ屋にゐて二人なり
  • トイレットペーパー白し真昼の秋の日に
  • チャーハンに十一月の空暗し
  • 冬林檎つかむ爆弾の如一つ
  • 山眠るコンビニに酢の瓶を見て
  • 梅日和電球昼についてゐる

 さらに15句ほど引きました。「かたつむりのやうなビル冬の夜の新宿に」「トイレットペーパー白し真昼の秋の日に」などは、9・7・5という大きな字あまりですが、9音は動きませんし、違和感もありません。やはり、一句がすっきりとしています。
 軽やかに、しかしけっして上滑りせず、日常の豊かさを教えてくれる作品たち。作品化の核が明確だからなのだと思います。

 

皆吉司句集『揺れる家の構図』(ふらんす堂)

皆吉司句集『揺れる家の構図』(ふらんす堂)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳462:2013.11.6)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/