俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
宮崎斗士作品をめぐって
(句集『そんな青』)
 
 

 

 宮崎斗士さんの句集『そんな青』(六花書林、2014年)を拝読しました。「さくらどき家族それぞれに筆圧」「ひきがえるの重さでタイムカード押す」「辛夷咲いて夜よりひとつ多く朝」といった作品を収める『翌朝回路』(六花書林、2005年)から9年後の2冊目の句集。『翌朝回路』も『そんな青』も、とても魅力的なタイトルです。

  • 東京暮らしはどこか棒読み蜆汁  宮崎斗士
  • 日永かな動いてロボットだとわかる
  • 点と点むすぶ嬉しさ野遊びは
  • すもも買う破船のように静かな日
  • 鮎かがやく運命的って具体的
  • スプーン並べる間隔いつのまにか秋
  • 切り株は優しい手紙とんぼ来る
  • 帽子へこんでぽこんと直る母の秋
  • 鯨が一頭ゆっくりじっくりと術後
  • ドクターの明るい無口著莪の花

 惹かれた作品を10句ほど引きました。いきいきとした韻律や反復横跳びのようなイメージの展開。日常がとても弾んでいます。そして、透明な何かが読者のなかに残ります。

 
宮崎斗士句集『そんな青』(六花書林) 宮崎斗士句集『そんな青』(六花書林)
 

*初出:<Made in Y>(雑記帳501:2014.8.10)

 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/