俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
佐山哲郎作品をめぐって
(句集『娑婆娑婆』)
 
 

 

  • 梅ちらりほらりどの子も器量よし  佐山哲郎

 きょうの横浜は、冷たい雨でした。お正月を迎える前に、なんだか春が恋しくて、ふと佐山哲郎さんの句集『娑婆娑婆』(西田書店、2011年)の一句を思い出しました。
 実家の庭には数本の梅があり、毎年見事な花を見せてくれます。今年は、花はいつものようにとてもきれいだったのですが、実はほとんどならなかったようです。そういえば柚子も例年にくらべ、何分の一か、といった感じです。
 さて、この一句。梅は紅梅と鑑賞したいと思うのですが、どうでしょうか。白梅のほうが素直かもしれない、と思わないわけでもないのですが…。

 

佐山哲郎句集『娑婆娑婆』(西田書店)

佐山哲郎句集『娑婆娑婆』(西田書店)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳427:2012.12.30)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/