俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
神蔵器作品をめぐって(大寒の作品)
 
 

 

 きょうは大寒。ちょうどフェリス女学院大学文学部で俳句創作の授業があったので、大寒の句を紹介しようと、すこし調べてみました。やはり真冬の作品は、シャープに読者に届きます。

  • 大寒の入口に葱横たはる  神蔵 器
  • 大寒を迎へ撃つごと欅聳つ
  • 切株に坐し大寒を見送れり

 その中でとくに、これら神蔵器さんの作品に大寒の作品の強さを感じました。一句目の「入口」は時間的なそれなのか、空間的なそれなのか。おそらくどちらでもあって、それがこの一句の豊かさなのだと思います。二句目の美しい正しさ。三句目のオーソドックスな、つまり確かな俳句の手触り感。何でもないような、しかし俳句に関わっている喜びを思う、そんな作品たち。
 これら3句を含め、30句ほどを口頭で紹介しましたが、学生諸君は私の下手な朗読を、ときおりメモをしながら、じっと聞いてくれていました。それは、うれしいひとときでした。

 
*1句目=「風土」2000年3月号、2・3句目=「風土」2001年3月号
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳566:2017.1.20)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/