俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
遠藤若狭男作品をめぐって
(句集『旅鞄』ほか)
 
 
■2 (「若狭」2015年4月号)

 

  • ドストエフスキー全集売れば雪  遠藤若狭男
  • 口笛を吹いて麦踏む真似したる
  • 若狭路のところどころに蝶の恋
  • 笑ひつつ涙拭へり四月馬鹿
  • 春愁や現代文の授業中

 「若狭」4月号の遠藤若狭男さんの作品「若狭4」16句から引きました。「若狭」は今年1月に創刊されたばかりの雑誌。今号が第4号となります。
 日常のなにげないスケッチが、くっきりとしていて、明るくて。そんな印象の作品です。そして、確かに季節があります。

 

「若狭」2015年4月号

「若狭」2015年4月号
 
 
■1 (句集『旅鞄』)

 

 遠藤若狭男さんの句集『旅鞄』(角川書店、2013年)を拝読しました。2007年から2011年に発表された作品を収めた、著者5冊目の句集です。

  • 初富士のほとりに花のごとき雲  遠藤若狭男
  • 早春の風のはためく河口かな
  • たんぽぽの絮の飛びゆく方に海
  • 猫鳴いて母ゐるやうな春の暮
  • 菜の花の笑ふふるさと日和かな
  • 啓蟄や腸の動きのすこやかに
  • 信長のごとき藪蚊を打ち損ず
  • 一葉落ちしと思ひしがふりむかず
  • 大うねりして楠の夏はじまる
  • 基督をこころに招き毛虫焼く
  • きりぎりすかのソクラテスかも知れず
  • 若き日の妻の鏡台捨てて秋
  • 風に声ありかたちあり芒原
  • 百年の家に遺影と年惜しむ
  • 天気予報は東京に春の雪
  • わが肺の癌たとふれば霜の花
  • 向日葵の老いをあらはに立ちつくす
  • 漱石に意見されゐし昼寝かな
  • カテドラル教会を出て秋高し
  • 着ぶくれて銀座にパンを買ひにゆく

 惹かれた作品を20句ほど引きました。「わが肺の癌たとふれば霜の花」などを拝読するとどきりとしますが、全体的に明るい一冊です。「たんぽぽの絮の飛びゆく方に海」「天気予報は東京に春の雪」「着ぶくれて銀座にパンを買ひにゆく」。日常が日常としてある健やかさ。そんな言い方ができるかもしれません。
 信長、ソクラテス、漱石。会ったことのない人びとが、しかしなんだかとてもリアルです。

 

遠藤若狭男句集『旅鞄』(角川書店)

遠藤若狭男句集『旅鞄』(角川書店)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳460:2013.10.22)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/