俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
大石悦子作品をめぐって(句集『有情』ほか)
 
 
■2 (句集『有情』)

 

 昨日(2013.8.10)から職場である財団が夏季休暇になり、この時期は大学の春学期の授業、成績票の提出も済んでいますし、10日ほど前に「ことばの楽園」第7号も無事発行となり、すこしのんびりした気分です。
 今学期のフェリス女学院大学の授業で鑑賞した、大石悦子さんの句集『有情(うじょう)』(角川書店、2012年)を再読しました。『耶々』(富士見書房、2004年)以来、8年ぶりの句集です。

  • ひたひたと来て雁風呂を燻べ足しぬ  大石悦子
  • 連翹に雨の上がりし誕生日
  • 茶柱が立つたり鶯が来たり
  • ひろびろと網代をゆける桃花水
  • 鯉痩せて指吸ひにくる夏ゆうべ
  • 金魚飼ふことの上手や老ゆるとは
  • 鯰屋の芙蓉の花を見にもどる
  • ホスピスといへりどんぐり降るところ
  • ぎやうさんの齢いただく年の豆
  • をさなごが阿(あ)といふとほきさくら咲く
  • 春の水袂に石をひとつ入れ
  • 摘草に連れゆく男には非ず
  • 春の山とは父もゐき母もゐき
  • 楡の木のまはりの春の朧かな
  • 漱(くちすすぎ)へうたんの尻仰ぐなり
  • 天牛をすこし苛めて放ちけり
  • 蟻潰す半端ではまう済まぬまで
  • ぎんなんを夫と酒房でさういふ日
  • 柿簾悲しみのなき家のごと
  • 暦売ルオーの眼してゐたる

 惹かれた作品を一気に20句引きました。ドスンと来る迫力が魅力です。『耶々』について、「たった十七音の作品が、なにかとても大きく感じます」と記しました。『有情』についても同じ印象をもちますが、さらに大きく感じるのは、私がすこし年齢を重ねたからかもしれません。「ぎんなんを夫と酒房でさういふ日」。うなってしまいます。

 

大石悦子句集『有情』(角川書店)

大石悦子句集『有情』(角川書店)
 
 
■1 (句集『耶々』)

 

 大石悦子さんの句集『耶々』(富士見書房、2004年)を拝読しました。昨年9月の上梓後すぐにページを開き、ゆっくりと読み進めながら、また読み終わったあともしばらくそばに置き、数ヶ月が経ちました。気づくと1年が経っていました。急いで読むことができなかったし、急いで感想をメモすることができなかった。ひとことでいえばそういうことですが、私にとっては珍しいことです。

  • 百代と書き損じたる吉書かな  大石悦子
  • 読初やことし見るべき花のこと
  • 篠原の風の来るなり初手水
  • 山墓の櫻は夢のやうに咲き
  • 舟涼み趾(あし)のきれいな男ゐて
  • 水無月のまづ一献は家刀自に
  • 贋作の乾山を置く涼しさよ

 読みはじめてすぐこうした作品に出会い、生活のなかにあるある種の厚みのようなものに惹かれながら、同時に、これは急いで読み進めるのはきついぞ、と思ったのでした。ゆっくりとゆっくりと。そうしないと、大事なものがこぼれていくような気がしたのだったと思います。

  • 花氷立ちふさがりし男かな
  • 闇汁に持ち来しものの鳴きにけり
  • 斧噛ませたるまま春の樹となりぬ
  • 雪代の太き濁りを抱き眠る
  • 父の帯どろりと黒し雁のころ
  • この闇に梟をれば喉渇く
  • くわりんの実僧形はこゑよかりけり
  • 手を入れてみたき箒木紅葉かな
  • 先生の名を言うてみよ葱坊主
  • 風の日の水仙売になりたりし

 惹かれた作品をさらに10句ほど引きました。陽/陰という軸でいえば、陰に傾いた作品が多いと思います。著者・大石悦子さんのその精神のありようと、それを支える技術的な確かさが、読者に読みの時間をゆっくり取らせるのだと思います。たった十七音の作品が、なにかとても大きく感じます。

 

大石悦子句集『耶々』(富士見書房)

大石悦子句集『耶々』(富士見書房)
 
*初出:<Made in Y
(1=雑記帳153:2005.9.8 2=雑記帳447:2013.8.11)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
風景としての日常

フォトギャラリー「風景としての日常」 / アトリエ云

Photo Gallery
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/