俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
加藤かな文作品をめぐって
(句集『家』)
 
 

 

  • 雀来る小さな日向はうれん草  加藤かな文
  • どんぐりに穴あいてゐる冬休み
  • 立冬や鏡に乾く歯磨粉

 たとえば、これらに見られる季語の斡旋の確かさ。

  • 朝日から鳥の出てくる寒さかな
  • 裸木の公園星を飼ふやうな
  • 数へ日や一人で帰る人の群

 たとえば、これらに見られる風景の切り取り方の巧みさ。
 加藤かな文さんの句集『家』(ふらんす堂、2009年)は、くっきりとしたイメージをもつ一冊です。

  • 滴りのつめたき梨の花なりし
  • 柿の葉に若き積乱雲育つ
  • 三伏や野菜の花は土に触れ
  • いつぱいの根に朝が来るヒヤシンス
  • 夕方に出かける用事さるすべり
  • 夾竹桃踏切が開きまた歩く
  • 木の花の白のいろいろ風薫る
  • 困るほど筍もらふ困りをり
  • 筍と蟻の出てくる新聞紙
  • 先をゆく父の夕闇草いきれ
  • いぼむしり走り出すなり壊れさう
  • 鶏頭にまだ昼中の温みあり
  • 勢ひのいい白菜を縛りをる
  • 虫しぐれ電車の人の顔見ゆる
  • 冬の雨ポストの中を手紙落つ

 さらに15句ほど、一気に引きました。こうして見ると、「夾竹桃踏切が開きまた歩く」「困るほど筍もらふ困りをり」「いぼむしり走り出すなり壊れさう」といった、散文的ともいえる作品も魅力的です。
 俳句の真ん中にいながら、すこし遊び心を加えた作品たち。その手触り感が、とても心地よい一冊です。

 

加藤かな文句集『家』(ふらんす堂)

加藤かな文句集『家』(ふらんす堂)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳342:2010.7.4)
[関連項目] 俳誌「家」をめぐって
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
風景としての日常

フォトギャラリー「風景としての日常」 / アトリエ云

Photo Gallery
 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/