俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
俳誌「家」をめぐって
 
 

 

 俳誌「家」が2010年10月号で10年目に入りました。「後記」を拝読し知ったのですが、ああ、もうそんなに経ったのか、という思いが、静かに湧いてきました。
 「家」は、児玉輝代さん(代表)や加藤かな文さん(編集発行人)が中心となって創刊された雑誌です。そう、私が学んだ「槐」の仲間たちの雑誌です。

  • 水盤や捉へて小さき小さき風  児玉輝代
  • 病む人に土用蜆を買ひ足して
  • 斑猫に教へられつつ父の墓
  • 林間に明るく暑きところあり  加藤かな文
  • 手元まで秋は夕暮れ帰るとす
  • 水底と思ふ昏さの葡萄棚

 それぞれに、とてもらしい作品です。それがとてもうれしいことです。

 

「家」第109号(2010年10月号)

「家」第109号(2010年10月号)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳351:2010.10.9)

 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
 
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/