俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
石田勝彦作品をめぐって(句集『秋興以後』)
 
 

 

 昨年(2004年)7月に亡くなられた石田勝彦さんの4冊目の句集『秋興以後』(ふらんす堂、2005年)は、わかりやすく、かつ俳句という詩型のよさを教えてくれる、そんな魅力的な一冊です。

  • 寒に入る親しきものに会ふごとく  石田勝彦
  • 突き当り突き当りつつ寒の梅
  • 舟尻に垂れ雪吊りのほどき縄
  • 福寿草置いて一膳飯屋かな
  • 石ひとつすとんと沈め霜柱
  • 節分やうすうすありし星の数
  • 紅梅の勝ちたる空となりにけり
  • 湖の一尺上の朝霞
  • 旅の足ぺんぺん草の中にあり
  • つばくらのふえくる数の下にをり
  • 箕の中にこぼれてをりし柿の花
  • 一つづつとは群るること水芭蕉
  • だんだんにけぶりて梅雨の木となれり
  • ゆつくりと霧の流るる鮎の竿
  • 高歩きして門前の羽抜鶏
  • 地ならべの鉢鬼灯も市のもの
  • 水音のせつせと走る稲の花
  • 妻ゐぬと思ふ小鳥の来たりけり
  • ことごとく冬に入りたる吊し柿
  • ぞろぞろと歩いてゐたる寒鴉

 20句だけ引きました。「箕の中にこぼれてをりし柿の花」「だんだんにけぶりて梅雨の木となれり」「ゆつくりと霧の流るる鮎の竿」 「水音のせつせと走る稲の花」「妻ゐぬと思ふ小鳥の来たりけり」など。
 ああ、いいなあ、と思います。やわらかなのに、しっかりとした芯の感じられる作品です。そして、「旅の足ぺんぺん草の中にあり」に見られる単純化とそれを支える具体のあり方。俳句に関わっていることがとてもうれしくなります。
 なお、この一冊は長女である石田郷子さんによって編まれたものです。

 

石田勝彦句集『秋興以後』(ふらんす堂)

石田勝彦句集『秋興以後』(ふらんす堂)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳150:2005.7.18)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/