俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
石田郷子作品をめぐって
(『木の名前』『草の王』ほか)
 
 
■5 (句集『草の王』)

 

 石田郷子さんの句集『草の王』(ふらんす堂、2015年)を拝読しました。「「木語」終刊、父の死、そして「椋」創刊という、忘れることの出来ない年から、もう十一年。ようやく句集をまとめることができました」。短いあとがきは、このように書き出されています。ひとりの読者として、この一冊を待っていました。前集『木の名前』(ふらんす堂、2004年)から11年。ああ、そうなのだ、と思います。

  • 濡れてゆく鬼灯市の人影も  石田郷子
  • ざりがにの道に出てゐる野分あと
  • 教会のやうな冬日を歩みをり
  • 吹雪いたり霽れたり春の刻々と
  • 砂に手をおいてあたたか秋彼岸
  • 塩振つて飯かがやきぬ十三夜
  • 仰ぎゆくニレ科ムクノキ春浅し
  • 草取の人の大きく立ちあがる
  • 杉山のけぶつてゐたる網戸かな
  • なまぬるき風に開きて白日傘

 惹かれた作品を10句だけ引きました。別の日に選べばまったく別の10句かもしれないな、と思いながら、きょうはこの10句です。

  • 花合歓の下に車のドアひらく
  • 芽吹山眼鏡かけたりはづしたり
  • はつあきを当てずつぽうに歩き出す

 そして3句ほど追加すれば、こんな作品。動詞が中心で、その素直さのようなものが一句の魅力となっている作品。一句としてはすこし緩いかもしれませんが、それも俳句と思います。
 
「毎朝のように霧に覆われ、野生の動物たちの気配が濃厚なこの谷間の地で、これからも椋の人たちとともに俳句を作ってゆきたいと思います」。あとがきは、こう閉じられています。

 

石田郷子句集『草の王』(ふらんす堂)

石田郷子句集『草の王』(ふらんす堂)
 
 
■4 (「椋」第29号)

 

  • 筍をたんと食べきしをのこかな  石田郷子

 俳句雑誌「椋」第29号(2009年8月)の石田郷子さんの「花葵」10句のなかの一句です。
 なんでもないような、というより、なんでもない一句。ただ、「たんと」という3音に惹かれた一句です。すこし説明的にいえば、「食べきし」だから「たんと」が活きているのだし、「をのこ」がひらがなだから魅力的なのだし、もうすこしいえば、「かな」がとても効いていて、などなど。
 いろいろいうことはできます。しかし、私にとっては、「たんと」がとても懐かしいのです。それはなにかを思い出すから懐かしいのではなく、ずっとあこがれていた懐かしさ、そんな言い方ができるかもしれません。変な言い方かもしれませんが、そんな懐かしさがとてもうれしいのです。

 

俳句雑誌「椋」第29号

俳句雑誌「椋」第29号
 
 
■3 (「椋」第10号)

 

  • 花桃を見てゐてはうれん草貰ふ  石田郷子

 「椋」第10号(2006年6月)の石田郷子さんの作品「花すもも」10句のなかの1句です。
 桃の花を見ていてほうれん草を貰うことなんかあるのでしょうか。ありそうだといえばありそうな…。不思議な句です。花桃という季語、そして歴史的仮名遣いのやわらかさが、なんだかありそうな気にさせてくれます。

 
 
 
■2 (「椋」第3号)

 

  • 東風吹いて少し顔ぶれ変りけり  石田郷子
  • 白雲の水に映れる葦の角
  • 松の葉に万の雫ぞ赤彦忌

 「椋」第3号の石田郷子作品「日輪」10句より引きました。俳句は小さな詩型だということをあらためて思います。そして、その小ささが魅力なのだと。
 俳句という詩型の、あるいは俳句という営みのよさを知ることができる作品です。私にとっては同世代の先輩ですが、こうした作家の作品を同時代的に読めることをうれしく思います。
 なお、「椋」は椋という名にふさわしい手触りの用紙の、本文36ページの小さな雑誌です。

 
 
 
■1 (句集『木の名前』)

 

 石田郷子さんの句集『木の名前』(ふらんす堂、2004年)を拝読しました。

  • 高枝に夕日のあたる斑雪かな  石田郷子
  • 白鳥の帰るつもりの声そろふ
  • むかうから日当つてくる春の芝
  • まだそこにきのふがありし落椿
  • 火の色の見えてきたれる春田かな
  • 菜の花のふくらんでくる涙かな
  • 押し合つてゐる海と川初ざくら
  • 笑ひたる声の残れる桐の花
  • へうたんの花咲く稽古囃子かな
  • 一つづつみかんの坐る机かな
  • 冬近し叱られてゐる影法師
  • 話したきことがたくさん桃の花
  • 柚子の実に飛行機雲の新しき
  • これよりの冬百日の葱太し
  • まなざしを向けてくる馬草の花
  • 牛乳のいろに朝来る濃りんだう
  • 鉄瓶の湯気あがりゐる紅葉かな
  • 呼ばれたる顔のまま来る春田かな
  • 裏口のあけつぱなしの薔薇の雨
  • 桜の実夕日のなかに入りけり

 しなやかな作品群だと思います。それはまずことばのしなやかさですが、それよりも著者・石田郷子さんの精神のありようを思わせます。一句十七音にものごとが圧縮されているのではなく、ちょうど十七音の、あるいはそれに余裕をもったことがらが掬い取られている。そんなたたずまいです。
 季語の斡旋の確かさが、これらを支えています。

 

石田郷子句集『木の名前』(ふらんす堂)

石田郷子句集『木の名前』(ふらんす堂)
 
*初出:<Made in Y
(1=雑記帳116:2004.19.3 2=雑記帳136:2005.4.20 3=雑記帳176:2006.6.11 4=雑記帳318:2009.8.9)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/