俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
伊丹啓子作品をめぐって
 
 
■3 (「青群」第35号)

 

  • 凩よ 死者は生者の意のままに  伊丹啓子

 俳誌「青群」第35号(2015年3月)の伊丹啓子さんの作品「母の魂」7句の最後に置かれた一句です。いうまでなく、母上は伊丹公子さん。伊丹三樹彦さんの奥様です。昨年12月15日に89歳で亡くなられました。一連は母上・公子さんの死を詠んだもので、この一句以外は、「火葬炉の鉄扉の名札 確かに母」など、いずれも具象的な作品です。
 「死者は生者の意のままに」。難しいフレーズです。おそらく、意のままに「なる」と同時に、意のままに「ならない」、ということなのだと思います。といってしまうとあまりに浅いとは思いながら、だからこそ俳句として成立しているのだと思うのです。「よ」はけっして「や」ではなく、一字空けも必然と思います。
 柔らかく、しかし確かに、読者に深く届く一句だと思います。

 
 
 
■2 (句集『神保町発』)

 

 伊丹啓子さんの句集『神保町発』(沖積舎)が刊行されました。『ドッグウッド』(沖積舎、2004年)に続く2冊目の句集です(ただ、『日野草城伝』(沖積舎、1997年)などのお仕事もありますから、著書としては5冊目になります)。

  • 肋木の胸郭 冬陽ためている
  • 穀象がゼブラゾーンを 大東京
  • まっさらな四月の手帳 花水木
  • バナナ剥く アメリカ村が宙返り
  • たわたわと石榴 少子化の国に

 ぱらぱらとページをめくりながら、たとえばこんな作品を引いてみます。
 ぱらぱらと、というと失礼かもしれませんが、まずはぱらぱらとページをめくりながら好きな作品を拾ってみるというのも、けっして間違った読書法ではないのではないか、と思うようになりました。ちょっと読んでみただけでも、一冊の印象はあります。一冊をていねいに読むと印象は変わるかもしれませんが、確かにある。それをもっておくのともっておかないのとでは、やはり何かが違って、ていねいに読むのはしばらくあとかもしれないけれど、『神保町発』はぱらぱらとページをめくろうと思ったのでした。
 装画は日和崎尊夫さんの小口木版画、装釘は伊丹啓子さんです。

 

伊丹啓子句集『神保町発』(沖積舎)

伊丹啓子句集『神保町発』(沖積舎)
 
 
■1 (句集『ドッグウッド』)

 

  • 少し滲んで イルカが銜えてきた手紙
  • 紫陽花の窓いっぱいに 雨の地図
  • 砕ける朝 ストッキングの弾力に
  • うかっと週明け 天気図の等高線
  • 鉛筆ください ノンメイク日の藁の髪
  • 彼岸会に仕立てる喪服 姫林檎
  • 幼年期の子と立つ 恐竜の黙へ来て
  • 子と眠れば魚竜生まれる 青い毛布
  • 麦藁帽子は今年の色で 子の日常
  • 陽を喰むキリンの首の高さへ 肩車
  • トーテムポールが笑う 園児ら絵具まみれ
  • 秋の約束 ゼリーのようなプール見て
  • 元旦の空へかけ抜け 子の乳歯
  • 春何番ですか ピッコロ通りの住人で
  • 掌に化石 乳歯が抜けたんだ
  • 子の収穫は雪 冷凍庫にしまう
  • 小学校さよなら 桜は蕾のまま
  • 中学校の制服ダブつく 鵯さわぐ
  • 地球のんのん ホモサピエンス回りゆく
  • カナダの紙 買えば 大森林迫る

 伊丹啓子さんの句集『ドッグウッド』(沖積舎、2004年)を読み返しながら、こんな20句を引きました。
 いわゆる定型、季語、切れといった約束事を、必ずしも活用しない方法で組み立てられた作品群。形態的な特徴をあげれば、一字あけを用いること、一行であること(17音程度の音数)のふたつでしょうか。当たり前過ぎて、特徴として一行であることをあげることに違和感をもつ方もおられるかもしれません。しかし、一字あけが、一行であることをよりくっきりとさせていると思うのです。
 いわゆる定型、季語、切れといった約束事は、小さな器である俳句に大きな力を与える方法です。しかし、その方法を積極的には採用しない伊丹さんは、一字あけにそれを担わせます。そして、一行であることをよりくっきりとさせ、それを補強します。
 たとえば一句目。「滲んで」。意味の上では手紙。しかしイメージの上では必ずしもそうではありません。たとえば二句目。「いっぱいに」。「窓」にかかると同時に、「雨の地図」にかかる。そしてまたこのように、伊丹さんは一句一句に細やかな方法を加えていきます。
 刺激的な一冊です。

 

伊丹啓子句集『ドッグウッド』(沖積舎)

伊丹啓子句集『ドッグウッド』(沖積舎)
 
*初出:<Made in Y
(1=雑記帳410:2012.6.24 2=雑記帳456:2013.9.7 3=雑記帳530:2015.5.24)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/