俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
亀割潔作品をめぐって
(句集『斉唱』ほか)
 
 
■3 (「OPUS」第48号)

 

 俳誌「OPUS」はいつも親しい気持ちで拝読している雑誌です。

  • 梅雨長きかなパンを裂き魚を裂き  亀割 潔
  • おはようございますいってらっしゃい広島忌
  • 茹で玉子流水に取り今朝の秋
  • 頬杖の背中つめたし天の川
  • 飲食の繰りかへされて野分かな

 同誌第48号(2016年11月)の亀割潔さんの作品「会釈」15句から引きました。すこしずれていくのは俳句では当たり前のことだと思いますが、1句目、2句目のそれは、ずれが詩を生む瞬間を教えてくれます。3句目、4句目、5句目に見られる知的な把握は、爽やかでありながら怖さもあって、それが心地よいと思うのです。

 
 
 
■2 (「OPUS」第46号)

 

  • 極月の自動車に雨降つてをり  和田耕三郎
  • 涙ふと土の味して冬深し
  • きさらぎのつむりの中が軽くなる
  • 傍らに手紙のやうな梅一輪
  • にはとりにくひちぎられて落椿
  • 椿椿水平線のよく見えて
  • 元日の土に手をおくひのひかり  亀割 潔
  • 土踏まぬ家路寒月光あふれ
  • 老いの杖わかものの杖春立てり
  • ばさばさと髪切られゐてあたたかし
  • 両の瞼かゆしヒヤシンスに日射し
  • 椿より振り向くこゑのいびつなる

 俳誌「OPUS」第46号(2016年5月)の、和田耕三郎さんは「落椿」15句、亀割潔さんは「あたたかく」15句から引きました。いずれも、和田さんらしい、亀割さんらしい作品と思います。
 「脱ぎしズボンくねくねとして冬夕焼」「秋風に頭突きひとつをしたくなる」。句集『青空』(ふらんす堂、2007年)に収められた和田さんの作品ですが、さりげないユーモアがなんだかとても暖かく、魅力的です。この暖かさが和田さんなのだと思うのです。「きさらぎのつむりの中が軽くなる」。いいなあ、と思います。
 亀割さんの句集『斉唱』(ふらんす堂、2014年)には、「七夕の一人で抜けるアーケード」「笑ふこと最後のやうに秋日和」といった作品が収められており、柔らかく、穏やかに、しかし確かにもの/ことを掴んでいきます。「元日の土に手をおくひのひかり」。そしてそれが、より豊かにあると思うのです。
 さらには、おふたりの作風の異なりと共通するある点を思います。

 
 
 
■1 (句集『斉唱』)

 

 亀割潔さんの句集『斉唱』(ふらんす堂、2014年)を拝読しました。上梓されてすぐに拝読し、惹かれた作品を抄出したまましばらく時間が経ってしまい、あらためて抄出した作品を読み直し、より作品に惹かれました。

  • 体内にかすかな傾斜春ゆふべ  亀割 潔
  • 風光るとさかの欠けし陶の鶏
  • われにある苦きはらわた花の昼

 まず、巻頭近くから3句引きました。お若いときの作品のようですが、ほんとうに若々しく、瑞々しく、ふっと読者のなかに入ってきます。そして、自分が若かったころの、なんだか照れ臭い感受性のありようを思い出したりします。亀割さんは1965年生まれですから、私と同世代。照れ臭いけれど、うれしいことです。

  • ひとりづつ樹のかげにゐる九月かな
  • 新聞と花買ふ小銭巴里祭
  • 銀河うすうす俎の血を洗ひをり
  • 日記買ふ広告塔の上の雲
  • しんかんと人の口開く心太
  • 靴磨き終へしぼろ布鳥交む
  • 七夕の一人で抜けるアーケード
  • 梟の太き輪郭鳴きにけり
  • トランプも旧き匂ひの三日かな
  • 笑ふこと最後のやうに秋日和

 さらに10句引きました。穏やかでありながら、細やかなもの/ことを描きつつ、もの/ことのある本質を確かに掴んでおられます。季語が自然体であること。それが心地よく、ふっと気を許してしまう、というと変かもしれませんが、それが亀割さんの個性=戦略なのかもしれません。

 
亀割潔句集『斉唱』(ふらんす堂) 亀割潔句集『斉唱』(ふらんす堂)
 

*初出:<Made in Y>(雑記帳509:2014.11.18 2=雑記帳554:2016.6.2 3=雑記帳562:2016.11.22)

 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』
歌集『砂丘の魚』
 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://a-un.art.coocan.jp/za/