俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
岡井省二作品をめぐって
 
 
■3 (三室戸寺参道句碑)

 

  • あぢさゐの色をあつめて虚空とす  岡井省二

 京都府宇治市の明星山三室戸寺参道の句碑に刻まれた一句(『鯨と犀』所収)です。
 俳誌「槐」第66号(平成8年12月号)は、槐五周年記念大会及び句碑建立披露会の記録が掲載されています。古い「槐」をめくりながら、省二の写真を発見し、懐かしくこの雑記帳を記しています。省二70歳のときのものです。
 句碑の除幕は9月28日。私は、どのような理由があったか忘れてしまいましたが、参加していません。いま思えば、残念なことでした。
 「あぢさゐの色をあつめて虚空とす」。虚空をどう解釈するか。天と地の間、空間、小数の単位、あるいは宗教的な意味を取ることも考えられます。しかし、いずれにも特定しない、そんなことば、つまりそんなありようと取るのがいいように思います。「あぢさゐの色をあつめて」と、色のみが漢字で表記されたこの句がいきいきとしてくるように思うのです。

  • 狼の出はらつてをる日本かな
  • 丹頂と二人芝居となりにけり
  • 大年の旅はさへづり食うべけり(註 さへづりは鯨の舌)

 この号に発表された省二の作品「存問」12句から3句だけ引きました。

 

岡井省二と句碑(「槐」第66号より)

岡井省二と句碑(「槐」第66号より)
 
 
■2 (句集『鯛の鯛』)

 

 岡井省二句集『鯛の鯛』(角川書店、1999年)を久しぶりに読み返しました。1997年から1999年の作品を収めた10冊目の句集。主宰誌「槐」の創刊が1991年ですから、充実した日々の作品群といえると思います。

  • みみづくの耳のふたつが初あかり  岡井省二
  • 雪晴の砂丘嗅ぎゆく狐なり
  • 筆立に筆鳥風となりしなり
  • 昼寝覚ぐるり動物園なりき
  • 鯨鳴くゆゑ金箔の海と空

 難解さを抱えながらも、透明感というとすこし違うかもしれませんが、あるいは清々しさといったものを感じつつ、そのイメージの広がりに惹かれます。

  • 鏡開障子に影のとびにけり
  • あんぱんのつらのごま粒春の雁
  • 螢籠かはるがはるに嗅ぎにけり
  • 緋目高の夕べしばしば走りけり
  • 霾天(ばいてん)や分銅に揺れありにける

 また、具象の強さに支えられた作品。多様な作品を収め、俳句を読むことの楽しさを教えてくれる一冊ですが、最も注目したいのは次の一句。

  • 山笑ふやその中に鐘懸けにけり

 字あまりにしながらも「や」を置く意志の確かな一句です。切れ字を2つ置くことの不安も指摘できるでしょうが、やはりこの「や」は必要です。切れていながら繋ぐ、そんな「や」です。この1音によって、一句の豊かさが醸成されています。

 

岡井省二句集『鯛の鯛』(角川書店)

岡井省二句集『鯛の鯛』(角川書店)
 
 
■1 (句集『大日』)

 

 「槐」1月号(2001年)では、岡井省二句集『大日』の批評特集が組まれています。私も一句評を寄せていますので、それを以下に掲載します。
  岡井作品の難解さを指摘する声はいろいろなところで聞かれます。ものごとに対して、難解だということばを投げることには、おおよそ二つの意味があるように思います。一つは文字通 りそれが自分にとって難解であるということ、つまり自分とそれとの関係そのものを表出すること。一つは、自覚しているかどうかは別 として、そうした関係を捩じ曲げ、それを退けようと意図すること。 私は後者の声を聞きたいとは思いません。

−−−

  • 鬼灯がいつまでもある夕べかな  岡井省二

 句集『大日』(本阿弥書店、2000年)。豊かな一冊だと思う。たとえばあとがきによって、われわれは彼が目指しているもの/ことを知ることができる。しかし、ふっとこぼれる、この一句のような作品に出会えることが、この一冊の大きな魅力なのだと思う。
 岡井作品にしては難解ではない──。もしかしたら、あなたはこんなことばでこの一句に接しようとするだろうか。
 難解とは、分かりにくいこと、解釈しがたいこと。では、分かるとはなにか、解釈するとはなにか。また、分かる必要があるのか、解釈する必要があるのか。これらの問いに、あなたは明確に答えられるだろうか。たぶん答えられないと思う。答えられないことが問題なのではない。そもそもけっして単純な問いではないのだから。これらの問いとどのような関係を持っているか、また持とうとしているか。このことが大切なのだと思う。
 いつまでもある──。この中七との往復をじっくり楽しみたい一句である。

 
 

*初出:<Made in Y>(1=雑記帳028:2001.1.9 2=雑記帳380:2011.6.12 3=雑記帳394:2011.9.23)

[関連項目] 岡井省二の俳句作品における鮃と鯔

 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
ことばの力を
静謐な思考の流れを
選集『セレクション歌人「吉野裕之集」』
セレクション歌人
『吉野裕之集』
 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/