俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
今井豊句集『草魂』をめぐって
 
 

 

 今井豊さんの句集『草魂』(角川書店、2011年)の帯には、「『草魂』は、『席捲』『逆鱗』『決別』に次ぐ私の第四句集です。/この間、脳腫瘍の大患をして生死の境を彷徨った。一時は「死」を覚悟したことを思えば、仕事に復帰でき、日々句を作り、このたび『草魂』を刊行できることは奇跡的である。」とあります。

  • 一乗寺あたりの暮れて梅白し  今井 豊
  • 新緑の山に納める父の骨
  • 海紅豆靴ぺつたんこぺつたんこ
  • さつきから巣より出てくる蟻ばかり
  • 時の日の夕餉あまりにありあはせ
  • 鶺鴒のほどなく夢にもどりけり
  • 夕暮れの散水車よりジョン・レノン
  • 三姉妹冬の鴎のやうに来る
  • 狡休みして基地つくる麦の秋
  • 泣くまいと仰ぎて櫻あふれけり
  • 改札を出てくる人のどつと夏
  • 竹落葉眠りの渕にその底に
  • 人を焼くにほひと繭を煮るにほひ
  • からうじて雪の匂ひの木の佛
  • 日脚伸ぶ坐して昨日にゐる如し
  • 芽吹く山色鉛筆の十二色
  • 生と死のこと紅梅と墨のこと
  • もぎたての色をそへたる夏料理
  • 白南風や島の牛舎を開け放ち
  • 冬木立武蔵野市より手紙来る

 しかし一冊を読み終えて、たとえばこうした20句を引いてみると、病の印象はまったくといっていいほどありません。「生も死もこのいちまいの花の闇」「生きられるだけは生きたし花氷」といった作品も収められていますが、あくまで素材としての病や死であって、むろん自身のことですから厳しい事実なのですが、作品の質感はとても明るい。おそらくこの明るさが今井さんの俳句の本質なのだと思います。
 いまの季節、「もぎたての色をそへたる夏料理」「白南風や島の牛舎を開け放ち」などの作品が鮮やかです。

 
今井豊句集『草魂』(角川書店) 今井豊句集『草魂』(角川書店)
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳382:2011.7.16)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/