俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
俳誌「いぶき」をめぐって
 
 

 

 俳句雑誌「いぶき」(いぶき俳句会)が創刊されました(創刊号の発行日は7/1)。今井豊さんと中岡毅雄が共同代表です。今井さんは1962年のお生まれ、中岡さんは1963年のお生まれ。つまり私と同世代なのですが、けっして派手ではないけれど、確かにお仕事を積み重ねてこられたおふたり。とてもワクワク、ドキドキします。

  • 掌編のはじまり蝌蚪の描写から  今井 豊
  • 跫音のついに戻らぬ櫻かな
  • かたときも離れぬ暮春丸眼鏡
  • 減薬はいつの日ならむ夏つばめ  中岡毅雄
  • 夕星のしばらくひとつ余り苗
  • 雷鳴の次第にしるき牡丹かな

 それぞれ「臘扇抄(一)」10句、「立夏」10句から引きました。今井さんの作品には時間を、中岡さんの作品には空間を思います、と書くと安易な気もしますが、ふとそのように思ったのです。
 一冊に添えられた「いぶき 創刊挨拶」には、「俳句と真摯に向き合いつつ、「成長」と「連帯」をキーワードと考えています」とあります。このまっすぐな清潔さが、「いぶき」という雑誌と集団を大きく育てていくのだと思います。
 「今井さん・中岡さんに申上げます。/俳句雑誌の「いのち」は選句です。選句・選評が会員・投句者との「たましい」の連帯の要(かなめ)です。選句力こそ雑誌のいのち。/頑張って、謙虚を心に前進してください」。巻頭に置かれた黒田杏子さんの「「いぶき」創刊に寄せて」は、こうしたフレーズで閉じられています。会員の投句欄は「齋甕(ゆか)集」と「一碧集」のふたつ。前者は今井さんのそれ、後者は中岡さんのそれ。投句者はともに67名(うち高校生2名)。そう、67名の作品を、おふたりがそれぞれに選句しているのです。豊かな試みと思います。

 

「いぶき」創刊号(2018年7月)

「いぶき」創刊号
 
*初出:<Made in Y>(雑記帳593:2018.7.5)

 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』
歌集『砂丘の魚』
 
 
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/