俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[俳句をめぐるコラム]
今村俊三作品をめぐって
(『冬の樫』『翼』『家』)
 
 
■3 (句集『家』)

 

 数日前に風邪をひいてしまい、まだかなり不快な症状があります。これまで年に2、3回は風邪をひいていたのですが、一昨年6月以降、ひき込んでしまうということがなく過ごしていました。油断しないように気をつけていたのですが、今回はドカンと来ました。たかが風邪とはいえ、やはり気持ちが沈みます。

  • 腎痛や爪先鷹のごとく冴え  今村俊三
  • 病む冬の紋章として屋根の鳩
  • はこべらや髯がつつめる喉仏
  • 髯に棲む死神もろとも春眠す
  • 夏至の鳩つばさ真白く収めけり
  • はためきて養痾の檻の古簾
  • 雪の日を鼻梁水平病みさびて

 ふと本棚から師・今村俊三の句集『家』(福岡鶴俳句会、1972年)を取り出しました。昭和36年(1961年)から46年(1971年)の作品を収めた、俊三2冊目の句集です。年齢としては33歳から43歳のもの。
 最初の章「春暁」(昭和36年-37年)から引きました。「爾来、生が終ったと思える時点から俳句を行ずる一歩を踏み出し、一病息災の語にはほど遠い小康を得て数年を経過した。計らずも妻マス子を迎えることが出来た」とあとがきにありますが、この頃はまだ、結核の病状は厳しかったと思います。
 自宅の2階の自室のこと、そこから見える風景だけが素材です。張りのある韻律が、魅力です。

 

今村俊三句集『家』(福岡鶴俳句会)

今村俊三句集『家』(福岡鶴俳句会)
 
 
■2 (句集『翼』)

 

 授業のテキストとして使用するために、師・今村俊三の句集『翼』(桃滴舎、1978年)を読み返しました。

  • 青梨やことに日暮の鳩のこゑ  今村俊三
  • 新涼や棘やはらかき杉の梢
  • 嘴よりぞ尾よりぞききと冬の百舌鳥
  • 遠銀杏散り父の忌の遠気球
  • 反古つよくまるめてをりぬ日向ぼこ
  • 象のごと脱糞したり餅喰つて
  • 春の雪難民のごと地に降れり
  •  妻は
    厄落ちて齢のこれり桃は葉に
  • 咲き満ちてゆふべの木瓜の坐りたる
  • 春の風邪踏めざる空を眺めをり
  • 独活の香のはや妻にくる更年期
  • 決められし距離七月の競技場
  • いつ見ても繕ふ母や冬隣
  • 息白く表裏わが身を肯ふも
  • 貼絵にも似たる枯木の気象台
  • 校舎より川底見ゆる二月かな
  • 万愚節飲食をけふ地下街に
  • 蝉澄めり異国の水のやうな雲
  • 息かよひ飽かぬわが身ぞ終戦日
  • 人ら地のおもてに老いぬ鰯雲

 テキストのために抽出した20句ですが、たとえば、「春の雪難民のごと地に降れり」。そのよさを漠然とは捉えていましたが、今回読み返してみて、すこし理屈で説明できるようになりました。しかし、その理屈を考えながら、この作品に限らず、俊三の作品を支えているのは、俳句という詩型への信頼と俳句に対する覚悟ではないか、ということにあらためて気づきました。もうすこし正確にいえば、俊三の俳句という詩型への信頼と俳句に対する覚悟が、以前よりもうすこし分かってきたということだと思います。それがうれしくて、このメモを書いています。そして付け加えれば、この一冊が、俊三40代後半の2年間の作品を収めたものだということ。あと数年でその年齢になる私にとって、とてもうれしく、ありがたいことです。

 

今村俊三句集『翼』(桃滴舎)

今村俊三句集『翼』(桃滴舎)
 
 
■1 (句集『冬の樫』)

 

 わが師・今村俊三の句集『冬の樫』(福岡鶴俳句会、1973年)を読み返しながら、その精神のありようを思いました。『冬の樫』は、父上の追悼句集。

  • 老いて母に友殖ゆ父は着膨れて  今村俊三
  • 雪晴れや家長は老ゆる斧のごと
  • 豆を撒く父が鷲にも見ゆるなり
  • 真夏買ひ込む練炭百個父睡り
  • やはらかき皺のなかより屠蘇の父

 巻頭近くに置かれた、まだお元気な父上を詠まれた句です。

  • 陽は枯れず父の心臓枯るる音
  • 霜未明死を経て白き父の髭
  • 父の死顔刻々冬の地蔵めく
  • ましぐらに父は屍ぞ霜雫
  • 冬青空屍もつともやすらへり

 死の前後の句です。
 一冊は、晩年と死の前後の父上を詠んだ作品で構成されています。つまり、すべてが父上の句。今回読み直して、父上の句だけで一冊を構成する、息子として、また俳人としての俊三の精神の正しさのようなものを感じました。私がこの一冊をはじめて読んだのはまだ20代の頃でした。当時はこうしたことをあまり感じなかったように思うのですが、40代に入り、この一冊を上梓した頃の俊三の年齢に近づき、すこし分かるようになったのかもしれません。

 

今村俊三句集『冬の樫』(福岡鶴俳句会)

今村俊三句集『冬の樫』(福岡鶴俳句会)
 
*初出:<Made in Y
(1=雑記帳111:2004.8.9 2=雑記帳175:2006.6.10 3=雑記帳478:2014.1.19)
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
シンプルに、
まじめに、大胆に。
俳句ユニット「豆句集 みつまめ」 
俳句ユニット
「豆句集 みつまめ」
 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/