俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
フェリス女学院大学オープンカレッジ「俳句創作講座」
2017年度春学期の記録
 
 

俳句の実作や近代・現代の俳句の鑑賞を中心に、以下のような内容で開講しました。

 
 
第1回:2017年4月15日(土)
[1]講座のオリエンテーション

この講座の特色や今学期の講座の進め方についてお話するとともに、俳句を学ぶための基本になる考え方についてお話しました。

[2]現代俳句作品鑑賞

藺草慶子句集『櫻翳』(ふらんす堂)

藺草慶子句集『櫻翳』(ふらんす堂、2015年)を鑑賞しました。「あらがふとなく大風の濃紅梅」「水に浮く椿のまはりはじめたる」「くわんおんの千手ゆるびし春の闇」。ひらがな表記の効果や季語の斡旋のうまさなどについてお話しました。
[参考] 藺草慶子作品をめぐって
第2回:2017年4月22日(土)
[1]作品相互批評
ひとり2句提出。講師のコメントを中心に、意見交換を行いました。
受講生の方々の作品を拝見していて思うのは、俳句の常識から考えるとあまりいいとはいえないものも、その人の個性があらわれていてとてもいいなあ、という作品があるということ。それは、大きな喜びです。
第3回:2017年5月13日(土)
[1]作品相互批評
ひとり2句提出。講師のコメントを中心に、意見交換を行いました。
[2]現代俳句作品鑑賞
引き続き、藺草慶子句集『櫻翳』を鑑賞しました。
第4回:2017年5月27日(土)
[1]作品相互批評
ひとり2句提出。講師のコメントを中心に、意見交換を行いました。
[2]現代俳句作品鑑賞

漠夢道句集『棒になる話』(七月堂)

漠夢道句集『棒になる話』(七月堂、2017年)を鑑賞しました。授業のために抄出した20句を見ても、そのうち10句には季語が見当たりません。しかし、作品は確かに俳句としての構えをもっています。
[参考] 漠夢道句集『くちびる』書評
第5回:2017年6月10日(土)
[1]作品相互批評
ひとり2句提出。講師のコメントを中心に、意見交換を行いました。
[2]現代俳句作品鑑賞
引き続き、漠夢道句集『棒になる話』を鑑賞しました。
第6回:2017年6月24日(土)
[1]作品相互批評
ひとり2句提出。講師のコメントを中心に、意見交換を行いました。
[2]現代俳句作品鑑賞
引き続き、漠夢道句集『棒になる話』を鑑賞しました。
第7回:2017年7月8日(土)
[1]作品相互批評
ひとり2句提出。講師のコメントを中心に、意見交換を行いました。
第8回:2017年7月22日(土)
[1]作品相互批評
ひとり2句提出。講師のコメントを中心に、意見交換を行いました。
[2]現代俳句作品鑑賞

中岡毅雄句集『一碧』(花神社)

中岡毅雄句集『一碧』(花神社、2000年)を鑑賞しました。
[参考] 中岡毅雄作品をめぐって
 
 
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

2017年度春学期
講座の概要
講座の記録

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
短詩型は
人の痛みや悲しみを
掬う/救う器
吉野裕之歌集『砂丘の魚』
吉野裕之歌集
『砂丘の魚』
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之
http://a-un.art.coocan.jp/za/