俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[季節別自選俳句作品]
冬−歳時記の冬の季語たち
 
 
 
 

ライオンに風立ち止まる冬はじめ

目の前の冬の話に付き合ひぬ

 作人叔父逝去
その人のこゑ美しき冬紅葉

暮れ切つてしまへば冬の家族かな

元日の梯子担いでゐたりけり
臘梅を置いて平らな机なり
一月の百葉箱を覗きゐる
日曜の教師の顔の懐手
いつのまに雪見の客でありにけり
草も木も遊んでゐたる寒の入
冬はじめ/冬の話/冬紅葉/冬の家族/元日
臘梅/一月/懐手/雪見/寒の入り
[20012.2.29掲載]
 

草の名を妻に習つて小六月

波郷忌の抽斗にある粉薬

近江なら時雨の町を歩きけり

浜島にかぶらを食うてゐる冬至

言い張つて幼き皃や除夜の妻
集まれば私語のはじまる四温かな
一月の焼却炉まで運びけり
唇の乾き切つたる冬の駅
よき母はよき薬剤師冬日和
大寒の牛の頭のごとき岩
小六月/波郷忌/時雨/冬至/除夜
四温/一月/冬の駅/冬日和/大寒
[2009.1.15掲載]
 

立冬の影を掴んで立ち上がる

冬の駅から始まりし会話かな

荷揚げ場に水積まれゆく十二月

一升の薬酒づくりも年用意

冬日和動物園にゐるやうな
振り出しに話を戻し懐手
厄介な男とおもふ大晦日
ここからが今年のことでありにけり
口々に木立のことを冬の客
 瑞泉寺の
住職の顔大きくて日脚伸ぶ
立冬/冬の駅/十二月/年用意/冬日和
懐手/大晦日/今年/冬の客/日脚伸ぶ
[2007.12.12掲載]
 

バス停に頭がひとつ冬に入る

弓なりに風の来てゐる冬の家

冬の靴づかづかと来て父の前

白菜を提げてまつすぐゆきにけり

鎌倉に声生まれ来る大旦
初夢や牛の尻つぽの揺れるまで
旅人と呼ばれ見上げる寒桜
寒鯉の背骨折らるるごとき日ぞ
さはさはと皃を見せ合ふ蕪かな
風花の大きくなつて口の中
冬に入る/冬の靴/冬の家/白菜/大旦
初夢/寒鯉/寒桜/蕪/風花
[2006.12.20掲載]
 

集まつて十一月の橋の上

時雨るるや棚田に集ふ葉山びと

四人目が来ない教室冬はじめ

この色を枯木のいろと定めけり

波郷忌の近づく町に戻りけり
片方が残されてゐる師走かな
湖に真向かふごとし冬襖
画学生からのメールやシクラメン
一月の夕日来てゐる駅舎かな
ほんほんと雪ほんほんと母のこゑ
十一月/時雨るる/冬はじめ/枯木/波郷忌
師走/冬襖/シクラメン/一月/雪
[2005.10.30掲載]
 
湯の中に豆腐の影のありにけり
いつぽんの鉄の重さの枯木かな
鮟鱇やブラックホールのごときもの
除夜の妻ホイッスル吹くごと笑ふ
鯛焼きの頭の方が今年かな
鎌倉に冬大空のありにけり
役場までゆくバスに乗る冬田かな
一月や男の顔がくらがりに
雪の墓地雪の東京タワーかな
はるかより来て風花となりにけり
湯豆腐/枯木/鮟鱇/除夜/今年
冬大空/冬田/一月/雪/風花
[2004.8.15掲載]

※このページの作品の作者はすべて吉野裕之です

自選俳句作品│冬
[関連項目] 現代俳句名句選 季節別作品選
 
 
 
冬の風景
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

春の自選作品
夏の自選作品
秋の自選作品
冬の自選作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
春-季節の短歌夏-季節の短歌秋-季節の短歌冬-季節の短歌
 
 
Yに集うことばたち
吉野裕之歌集『Yの森』
歌集『Yの森』
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之 http://a-un.art.coocan.jp/za/
季節別俳句作品:冬 - 霜月/11月・師走/12月・睦月/1月