俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[季節別自選俳句作品]
夏−歳時記の夏の季語たち
 
 
 
 
口中に闇生まれくる五月かな
黒南風や英字新聞ポケットに
六月を歩いてゐたり退屈か
鱧食つて自慢話のふたりかな
紫陽花や海に突つ込む傾きに
七月の小さな足や歩きをる
青柿の大きくなつて父の家
遠くからビルやつて来る雲の峰
甚平や妻の小言は後ろから
布袋草当らぬ天気予報なり
五月/黒南風/六月/鱧/紫陽花
七月 /青柿/雲の峰/甚平/布袋草
[2017.10.15掲載]
 
夏兆す近江の人のネクタイに
その声がほのかな力新緑す
木下闇とはバス停にゐるやうな
太郎ビル四階にゐて薄暑かな
たくさんの蟻たくさんのことばかな
耳を噛むやさしき時間夕立来
多摩川を渡る揚羽を連れながら
本郷を歩いてをりぬ巴里祭
雨過ぎて人ゐなくなる夏の駅
飛び石は父の歩幅や百日紅
夏兆す/新緑/木下闇/薄暑/蟻
夕立 /揚羽/巴里祭/夏の駅/百日紅
[2011.5.22掲載]
 
人間に目鼻あること夏兆す
博士ふたり目の前にゐる薄暑かな
柿の花丘のふもとに住み継いで
全集の重たき梅雨の入り口ぞ
軒下に父の自転車花蜜柑
地下鉄に梅雨の体を運ばるる
昼顔や翼をしまふ妻とゐて
夏の牛そこにはゐないやうな顔
枇杷の実を数へて去りし男どち
老人に草の匂ひや夏の駅
夏兆す/薄暑/柿の花/梅雨/花蜜柑
梅雨/昼顔/夏の牛/枇杷の実/夏の駅
[2009.6.14掲載]
 
空泣きの後の筍ご飯かな
芒種なり父の眼鏡が玄関に
六月の天地に声を放ちけり
蔵はれて祖父の書物や入梅す
梅雨晴れの駅の階段濡れてゐる
蚕豆や自慢話をひとしきり
こつこつと歩く男や六月に
うしろから揚羽の影の来て過ぎる
目が四つ驚いてゐる蟇
雨が来る前の素足を伸ばしけり
筍ご飯/芒種/六月/入梅/梅雨晴れ
蚕豆/六月/揚羽/蟇/素足
[2007.7.15掲載]
 
立夏かな体操をする遠い人
夏の坂母が近くにゐるやうな
太りゆく青梅太りゆく時間
だぶだぶと人立つてゐる木下闇
空深くまで揺らしつつ入梅す
夏草や遠く国会議事堂は
いろいろな顔集まつて半夏かな
尾力の弱くなつたる父の夏
ぐづぐづと向日葵枯れてゐたりけり
熱き茶のあとのことばや大西日
立夏/夏の坂/青梅/木下闇/入梅
夏草/半夏/夏/向日葵/大西日
[2006.7.13掲載]
 
厠から九九の聞こえる新樹光
人間の顔になつたる五月かな
蟻つぶす祖父の蔵書を背にしつつ
夏の寺風来るまでを立ち話
風鈴の鳴りはじめたる父の家
テーブルに歳月はあり心太
まだ生きてゐたのかさうか梅雨の蜘蛛
町ぢゆうに夏が来てゐる夕餉かな
ハンカチーフ足流れゆく駅頭は
まばたきをして夏の山夏の川
新樹光/五月/蟻/夏の寺/風鈴
心太/梅雨の蜘蛛/夏/ハンカチーフ/夏の山/夏の川
[2005.6.5掲載]
 
今朝の薔薇すでに切られてゐたりけり
揚羽来て父の背中を大きくす
ネクタイを解くどんたくの遠囃子
さくらんぼことばをそつと置くやうに
梅雨の眉片方だけが動きけり
茗荷食つて烟のやうなことを云ふ
夕立の後の厨に父の声
心太内緒話はほどほどに
東京のほとりを歩く暑さかな
百日紅高くに咲いてゐたりけり
薔薇/揚羽/どんたく/さくらんぼ/梅雨の眉
茗荷/夕立/心太/暑さ/百日紅
[2004.5.5掲載]

※このページの作品の作者はすべて吉野裕之です

自選俳句作品│夏│
[関連項目] 現代俳句名句選 季節別作品選
 
 
 
夏の風景
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

春の自選作品
夏の自選作品
秋の自選作品
冬の自選作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
春-季節の短歌夏-季節の短歌秋-季節の短歌冬-季節の短歌
 
 
Yに集うことばたち
吉野裕之歌集『Yの森』
歌集『Yの森』
 
このページのトップ*俳句工房[ZA]
© 吉野裕之 http://a-un.art.coocan.jp/za/
季節別俳句作品:夏 - 皐月/5月・水無月/6月・文月/7月