俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[今村俊三の俳句をめぐって]
空蝉庵雑記[2]−句集『摘花集』(その1)
 
 
今村俊三の俳句をめぐる雑文。俊三が主宰した「桃滴舎」を継承する「桃子集」の連載の2回目です。
 
 

 

 私が入門したとき、昭和3年生まれの俊三は57歳だった。20代半ばだった私も、あと数年でその年齢になる。なんだかとても不思議な感じがする。
 俊三には、『鳩の頸』『家』『蟹曼荼羅』『冬の樫』『立歩』『至順』『翼』『樫のほとりに』『摘花集』『深養集』の10冊の句集があるが、この頃の作品は、63年6月に上梓された『摘花集』に収められている。後記には「還暦の記念のために編んだものである」とある。
 前回紹介した五句もこの一冊に収められているが、ここではたとえばこんな5句を引いてみる。

  • われ醤油ぶつかけ飯や原爆忌  俊三
  • 雛の日のきのふは骨董店にゐし
  • クリスマス橋まで潮がどつぷりと
  • 刃物店よぎる眼帯見て涼し
  • 屑売つて蟻のごとくに笑ひけり

 おそらく一冊の代表作ではないだろう。しかし、俊三らしい作品と思うのだ。10代半ばで発症した結核は、生涯俊三の身体を重く縛った。日常の行動範囲は、かなり限られていたはずだ。
 俊三は、貪欲な人である。身近な風景を次々に句にしていった。そう、しなやかさとしたたかさをもって。たとえば二句目。「雛の日のきのふは骨董店にゐし」。「きのふは」がとても危うい。一般にはこのような切り取りはしないだろう。しかし俊三は、確信をもってここから詩を立ち上げる。しなやかさとは、韻律の力を信頼し、それを十全に機能させること。したたかさとは、それを根拠に確かな意志をもつこと。それが、俊三らしい、つまりその文体の本質ではないだろうか。

 
 
*初出:「桃子集」第89号(2014年10月)
│2│10111213
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
 
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/