俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[今村俊三の俳句をめぐって]
空蝉庵雑記[9]−句集『冬の樫』
 
 
今村俊三の俳句をめぐる雑文。俊三が主宰した「桃滴舎」を継承する「桃子集」の連載の9回目です。
 
 

 

 『冬の樫』(昭和48年)は、父追悼の句集。一冊は、晩年と死の前後の父を詠んだ作品で構成されている。

  • 雪晴れや家長は老ゆる斧のごと  俊三
  • 豆を撒く父が鷲にも見ゆるなり
  • 瘤のごと老いゆく父や法師蝉

 晩年の父は、「斧のごと」「鷲にも見ゆる」「瘤のごと」と比喩され、父としての強さや厳しさがその像として立ち上がってくる。つまり、父に対する俊三の思いのありよう。

  • 真夏買ひ込む練炭百個父睡り
  • 桃の枝の冬日の影に死者生者
  • 天に父地に母枯れし桃の影

 技術的な特色は、ことばの折りたたみの巧みさがまずあげられよう。その巧みさは、韻律に具体化する。

  • 齢もて父坐す黴の夜なりけり
  • 隆々と夏隆々と老ゆる父
  • 生ききつてしまふ涼しさ父にあり

 また、こうした作品に見られる、もの/ことの形容の美しさ。いずれも、俊三俳句の大きな特色である。

  • 陽は枯れず父の心臓枯るる音
  • 霜未明死を経て白き父の髭
  • 父の死顔刻々冬の地蔵めく
  • ましぐらに父は屍ぞ霜雫
  • 冬青空屍もつともやすらへり

 そして、死の前後の作品。正しさということを思う。大きな事実に向き合う方法として、この小さな詩型があるということ。おそらく、その正しさだと思う。小ささは、肯う力を持っている。そう思う。

 
 
*初出:「桃子集」第96号(2016年7月)
9│10111213
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
Yに集うことばたち
吉野裕之歌集『Yの森』
歌集『Yの森』
 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
 
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/