俳句工房[ZA]−俳句と評論
 
 
 
[今村俊三の俳句をめぐって]
空蝉庵雑記[6]−句集『鳩の頸』
 
 
今村俊三の俳句をめぐる雑文。俊三が主宰した「桃滴舎」を継承する「桃子集」の連載の6回目です。
 
 

 

 俊三の最初の句集『鳩の頸』(昭和36年)は、33歳のときのもの。「二十代でこの世を去るべき病床の肉体が、現代医学のおかげで、還暦まで生きのびて」と句文集『桃滴記』(昭和62年)の後記で自ら記すように、この一冊に収めた作品の制作時期の病状はそれほど重く、しかし、「若い魂を病ましめることなく、(略)短小十七字詩たる俳句に、傷痍の青春を賭け、日々の生命を刻みつけて」(石田波郷『鳩の頸』序)いた。天性の明るさが、それを支えていたのだと思う。

  • 蜘蛛の糸するする火星近づけり  俊三
  • 洗はれて貨車が埠頭に鰯待つ
  • 湾のクレーン風鈴売を孤独にす
  • 湾飢ゑて晩夏の鳩と倉庫群
  • 月光のクレーン折鶴かと思ふ

 景の大きさと構成の巧みさは俊三俳句の大きな魅力であるが、それはすでこの句集に見ることができる。

  • 母を待つ午前や遠き捕虫網
  • 寒夕焼バナナ提げ父来ますかな
  • 父が置くベッドの端のパナマ帽
  • 日傘まだ冷めざる母を帰しけり

 父や母との関係も、自ずと病を介したものになる。しかしそれが自然で、そこにある若さが心地よい。

  • 樟絶えず風生む母の日なりけり

 昭和35年、波郷主宰の「鶴」の初巻頭を得た一句。晩年も、求められて著書に署名などをする際は、よくこの一句を添えていた(私の手元の『桃滴記』もそうである)。
 なお、一冊の略歴によれば、一時期「ゆきを」「昌蔵」の号を用いていたようである。知る人は少ないだろう。

 
 
*初出:「桃子集」第93号(2015年10月)
│6│10111213
 
 
 

HOME

What's New

現代俳句名句選

自選俳句作品

評論・エッセイ

俳句講座

リンク集

人名索引

profile

このサイトについて

サイトマップ

 
 
[関連サイト]
短歌/俳句/都市=まちづくり/NPO=市民活動 - Made in Y
 
 
 
© 吉野裕之
http://homepage3.nifty.com/a-un/za/